もうルフトハンザは懲りた

<p>えらい目にあいました。</p>

<p>出張でDuesseldorfからFrankfurtを経て成田へ帰る予定だったんですが、デュッセルからフランクフルトへの便がキャンセルに。次の便でぎりぎり間に合いそうだったのにこの便も1時間遅れ。</p>

<p>フランクフルトに着いたらルフトハンザ(全部ルフトハンザ利用の予定だった)のドイツ人のおにいちゃんが「成田行き(20:45発)は7分前に出てしまいました」とたどたどしい日本語で説明していた。日本人乗客が逆上するのを抑えるためにドイツ人に対応させたのではないかと勘ぐり。</p>

<p>結局次の便は翌日の午後1時か午後8時過ぎだという。列にならぶ順番がおそかったためか結局翌日の午後8時過ぎのJALに乗るしかしょうがないことに。</p>

<p>24時間、フランクフルトで足止めですよ。</p>

<p>用意してくれたホテルにとりあえずいったのだが、ここのディナービュッフェがすごかった。料理の入れ物は6つくらいあるのに、2つずつ中身が一緒で、実質3種類しか料理がない。仕方がないから食べましたが…。</p>

<p>翌日の朝のビュッフェはまぁまぁまともだったかな。どことはいいませんが、NH Rhein-Main ですけど。</p>

<p>そのあと、11時間くらい、待ちましたね。</p>

<p>ルフトハンザが昼飯と夕飯の「切符」をくれたのはいいが、一回分10ユーロという微妙な金額。空港内のどのレストランでもつかえるとはいうものの、10ユーロだとサンドイッチにコーヒーをつけたら終わりなのよね。スープもつけようとしたら予算オーバー。不思議なものでこういうとき差額を払えばいいんだけどなんとなく悔しくて、10ユーロ内ですませようとするのが心理的にどうなっているのか(笑)</p>

<p>20時過ぎのフライト(JAL)に乗り込んだときはやれやれと思いました。</p>

<p>#どうでもいいけど、ドイツ人はJALを「ヤル」って発音するんだねぇ。どうも調子が狂うんですが。</p>
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR