TVドラマ「愛と死をみつめて」3

<p>Ab 最後は「病院の外に、健康な日を3日だけください…」ではじまるミコの有名な言葉から、マコが山の上で文通の封書の束を燃やすシーンへとつながるところ。<br /> <a onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=738,height=544,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false" href="http://mjm.tea-nifty.com/.shared/image.html?/midi_jazz_matsudo_blog/images/ai3.jpg"><img width="100" height="73" border="0" src="http://mjm.tea-nifty.com/midi_jazz_matsudo_blog/images/ai3_thumb.jpg" title="ai3" alt="ai3" style="margin: 0px 5px 5px 0px; float: left;" /></a></p> <p>(音は<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/ai3.mp3&amp;art=H%20Mizoguchi&amp;kind=MP3&amp;name=%88%A4%82%C6%8E%80%82%F0%82%DD%82%C2%82%DF%82%C4BGM%82%A9%82%E7%82R&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こちら</a>。MIDIは<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/midi/ai3.mid&amp;art=H%20Mizoguchi&amp;kind=MID&amp;name=%88%A4%82%C6%8E%80%82%F0%82%DD%82%C2%82%DF%82%C4BGM%82%A9%82%E73&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こちら</a>。)</p> <p>G# 広々としたC majorの音楽だね。</p> <p>Ab ここでのキモは和音の第二転回形であがっていくフレーズだね。9小節目(13小節目)と15-16小節目。</p> <p>G# 特に15-16小節目はとっときのDとE。聞かせどころだね。このあとハ長調のおおらかな主部にもどって、マコは彼の未来へ、われわれ視聴者は自分の生活に戻ってくることができるわけだね。</p>
スポンサーサイト

TVドラマ「愛と死をみつめて」2

<p> Ab 続きまして、マコがミコに最後に会いに行ったときのシークエンスのBGM。<br /> <a onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=723,height=546,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false" href="http://mjm.tea-nifty.com/.shared/image.html?/midi_jazz_matsudo_blog/images/ai2.jpg"><img width="100" height="75" border="0" src="http://mjm.tea-nifty.com/midi_jazz_matsudo_blog/images/ai2_thumb.jpg" title="ai2" alt="ai2" style="margin: 0px 5px 5px 0px; float: left;" /></a></p> <p>(音は<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/ai2.mp3&amp;art=H%20Mizoguchi&amp;kind=MP3&amp;name=%88%A4%82%C6%8E%80%82%F0%82%DD%82%C2%82%DF%82%C4BGM%82%A9%82%E7%82Q&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こちら</a>。MIDIは<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/midi/ai2.mid&amp;art=H%20Mizoguchi&amp;kind=MID&amp;name=%88%A4%82%C6%8E%80%82%F0%82%DD%82%C2%82%DF%82%C4BGM%82%A9%82%E7%82Q&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こちら</a>)</p> <p>G# ミコを病院の屋上に連れて行くところだね。</p> <p>Ab ドラマを引き立たせるために音楽は最小限にとどめたという感じでしょうか。</p> <p>G# 4小節目のピアノの右手の5度の空虚感がよく効いているね。</p>

TVドラマ「愛と死をみつめて」

<p>Ab TVドラマ「愛と死をみつめて」(原作:大島みち子・河野実)新バージョン見ちゃいました。</p> <p>G# ああ、広末涼子・草彅剛コンビのだね。劇中では大嶋みち子・河野實という表記だったみたいだ。</p> <p>Ab あまりこの手のドラマは見ないんだけどね。あー、しんどかった。</p> <p>G# 影響されやすいからな。それで収穫はあったのかい。</p> <p>Ab いやぁ、勉強になりました。音楽は溝口肇さんによるものなんですが、さすがにうまいですねぇ。たとえば、ミコが「仮縫い」と称してウェディングドレスを着るシーケンス。(多少音取りが間違ってるかもしれませんがご勘弁を)</p> <p><a onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=757,height=557,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false" href="http://mjm.tea-nifty.com/.shared/image.html?/midi_jazz_matsudo_blog/images/ai.jpg"><img width="100" height="73" border="0" src="http://mjm.tea-nifty.com/midi_jazz_matsudo_blog/images/ai_thumb.jpg" title="ai" alt="ai" style="margin: 0px 5px 5px 0px; float: left;" /></a></p> <p>(MP3は<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/ai.mp3&amp;art=H%20Mizoguchi&amp;kind=MP3&amp;name=%88%A4%82%C6%8E%80%82%F0%82%DD%82%C2%82%DF%82%C4BGM%82%A9%82%E7&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こちら</a>。MIDIは<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/midi/ai.mid&amp;art=H%20Mizoguchi&amp;kind=MID&amp;name=%88%A4%82%C6%8E%80%82%F0%82%DD%82%C2%82%DF%82%C4BGM%82%A9%82%E7%81iMID%29&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こちら</a>)</p> <p>G# なるほど。まずキーからしてDmという泣けるキーを持ってきてるわけね。</p> <p>Ab そうそう。10小節目で一度Fメジャーにはいってほっとさせておいて、14小節目のGmでぎゅっと胸をしめつけるという。特に後半はミコの両親役の大杉漣さんと伊藤蘭さんが汽車の中でいい芝居をするところなので音楽はすっと控えめになってる。</p> <p>G# ほんとに泣けるように書いてあるなぁ。脱帽ですね。</p>

電気用品安全法(2)

Ab 電気用品安全法は結局楽器を除くことになったみたいだね。

G# テキトーだねぇ(笑)。

Ab まあ、DTMerとしては喜ばしいですけどね。将来的にSC-88の代替機がほしくなるかもしれないし。

G# しかし、今回の騒動でかなり中古品が投売りされたんじゃないだろうか。

Ab そうだね。それがそのうちプレミアがついてまた出てくるんだろうな。それと、重要なのが映写機。8mmの映写機もまだ取引されてるはずだから。

G# できるだけ、古いメディアとか再生機器がいつまでも手に入る環境であってほしいね。なにしろメディアはどんどん変わっていってしまうけど、いちいちメディア変換するのは手間がたいへんなんだから。

Ab ところでZIPドライブが不要になったんだけどだれか要る人いないかしら。ノークレーム、ノーリターンなら無料で差し上げますが。

G# それは誰も要らないと思うよ。いまどき100MBのリムーバブルメディアなんて使わないでしょう。

さくらさくら、シンセ版プロトタイプ

Ab そろそろ桜のシーズンになってきますね。

G# もう少し後だね。3月の終りからかな。

Ab 「さくらさくら」は一度アレンジしてみたかったのでやってみました。まだ<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/sakura.mp3&art=Jun%20Yamamoto&kind=MP3&name=%82%B3%82%AD%82%E7%82%B3%82%AD%82%E7%81i%83v%83%8D%83g%83%5E%83C%83v%81j&url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">プロトタイプ</a>ですけどよかったらお試しを。

G# かなりムリがあるなぁ。

Ab いや、聞いているうちにこれがよく感じられるんだってば。

G# あー、いつものパターンだ。

蔵出しMP3一挙公開

Ab 電気用品安全法の猶予期限が迫ってきました。

G# DTMerとしては結構困るんだよね。

Ab そう。このサイトのMIDIファイルはほとんどRoland のSC-88用にファインチューニングされてるんだけど、もうSC-88も手に入らなくなっちゃうからね。

G# いま持っている音源が壊れたら代替品が手に入らない。

Ab そこで、まだMP3化していなかった過去のSC-88用のデータを音源が壊れないうちに一挙にMP3化することにしました。<a href="http://jun.music.coocan.jp/mp3-r.htm">大サービス17曲一挙放出</a>。

G# 改めて聞いてみると88・88Proというのはバランスのとれたいい音源だったね。

トゥーランドットの着メロ

Ab 調子にのってトゥーランドット「誰も寝てはならぬ」の着メロ、つくっちゃいました。

<a href="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/turandot/tur32.dxm">feelsound32和音</a>
<a href="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/turandot/tur12.dxm">feelsound12和音</a>
<a href="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/turandot/turi64.mld">iメロディ64和音</a>
<a href="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/turandot/turau16.pmd">au PMD 16和音</a>
<a href="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/turandot/tursm40.mmf">SMAF 40和音</a>
<a href="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/turandot/tursm16.mmf">SMAF 16和音(EZ Web)</a>
(iメロディは実際に使ってみたのでOKっぽいですが、それ以外は試すことができないので動作は保証しかねます。あしからずご了承ください。)

G# お調子のりだなー。

トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」その2

Ab 歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」(<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/turandot.mid&art=G Puccini&kind=MID&name=%83g%83D%81%5B%83%89%83%93%83h%83b%83g%82%E6%82%E8%81u%92N%82%E0%90Q%82%C4%82%CD%82%C8%82%E7%82%CA%81v&hp=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">MIDI</a> <a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/turandot.mp3&art=G Puccini&kind=MP3&name=%83g%83D%81%5B%83%89%83%93%83h%83b%83g%82%E6%82%E8%92N%82%E0%90Q%82%C4%82%CD%82%C8%82%E7%82%CA&url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">MP3</a>)だけど。

G# フィギュアスケートで一躍有名になったね。

Ab プッチーニらしい、美味しいところを美味しく聞かせる名曲だね。

G# そう。特に出だしのところの和声はしゃれているね。

<a href="http://mjm.tea-nifty.com/.shared/image.html?/midi_jazz_matsudo_blog/images/turandot.jpg" onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=258,height=180,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false"><img alt="turandot" title="turandot" src="http://mjm.tea-nifty.com/midi_jazz_matsudo_blog/images/turandot_thumb.jpg" width="100" height="69" border="0" style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" /></a>


Ab この響きはいまではそれほど驚かないし、ポピュラー系の音楽でもよく使うけど、発表当時は相当新鮮だったんじゃないかな。

G# そうだね。古典的な和声法では解釈が難しいね。ポピュラー風にいえばVIbm maj7 13というところかな。むしろEbBbの5度の上にDaugがのっているようにも聞こえるね。

Ab 曲の後半の盛り上がり方もいかにもプッチーニだねぇ。

G# ほんと。歌い終わったときにどっと拍手がくるように書いてあるよねぇ。さすがプッチーニ。トスカの「星はきらめき(星は光りぬ)」も同じ手口なんだけどなぁ。ついついのせられちゃうのよね~。
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR