猫森集会 ボウリング・フォー・コロンバイン

<p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 谷山浩子さんの「猫森集会」、今年もいってきました。Bプログラムで<a href="http://www.tiara.cc/%7Egoronao/">ますむらひろしさん</a>がゲスト。</span></p> <p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> ますむらひろしさんといえば「アタゴオルは猫の森」の作者ですね。昔、ガロにときどき載っていたような。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; <br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 古い話だなぁ。ますむらさんはギターと歌も担当。いい声ですね。全体に明るい感じのステージになりました。これはロビーに出張中のヒデヨシ(「アタゴオルは猫の森」の主人公)の後姿。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<img width="240" height="320" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/hideyoshi.jpg" /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 存在感あるなぁ(笑)。「アタゴオルは猫の森」は映画にもなるらしいね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; <br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 話は全く変わりますが、マイケル・ムーア監督の<a href="http://www.gaga.ne.jp/bowling/">「ボウリング・フォー・コロンバイン」</a>をみました。</span></p> <p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 有名なドキュメンタリー映画だね。監督の<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2">マイケル・ムーア</a>さんはなにかと話題の人だし。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; <br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 力作ですね。その中でもアニメーションで紹介される「アメリカの歴史概要」(A Brief Histrory of the United States of America)が面白かったので、セリフだけ転記します。(訳は日本語字幕の大沢陽子さんによる)<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> (セリフ)<br /> 昔、ヨーロッパの清教徒は迫害におびえていた。<br /> それで迫害のない新天地へと航海に出た。<br /> (白人たち)「安心だ」「ほっとした」<br /> だが、「野蛮人」(アメリカン・インディアン)におびえるハメになり殺害した。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> 野蛮人を抹殺しても安心できず<br /> 今度はお互いを恐れた<br /> (白人たち)「魔女だ」<br /> &quot;魔女狩り&quot;だ<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> 1775年独立を目指してイギリス人を殺す<br /> 大成功!ダメ押しで銃を持てるよう憲法を改正<br /> (白人たち)「銃が大好きなんだ」<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> それは&quot;奴隷制”を生む<br /> 当時の白人は仕事が大嫌い<br /> それでアフリカに行き<br /> 黒人を拉致してタダで働かせる<br /> 間違わないで<br /> 「タダみたいな給料だ」<br /> そんなんじゃない ゼロだ<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> これでアメリカは世界最高の金持ちに<br /> ところが白人にとって新たな不安材料が出てきた<br /> 200年の奴隷制で南部の黒人が増えすぎたんだ<br /> 次の展開は読めるね<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> 奴隷がほう起し主人の首をはねた<br /> 白人たちは震え上がり奴隷たちに命乞いをした<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> サミュエル・コルトは1836年 いいタイミングで<br /> 回転式の拳銃を発明した<br /> 南部の白人は大喜び<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> だけど南北戦争で奴隷は解放された<br /> 白人たちは黒人の復讐におびえて&quot;殺される&quot;と大騒ぎ<br /> 黒人は復讐より平和を望んだのに<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> 疑うことをやめない白人は&quot;KKK&quot;を結成した<br /> 1871年違法の団体と認定されたが<br /> 同じ年全米ライフル協会が発足<br /> 政治家は初の銃法を作り<br /> 黒人の銃所持を禁止した<br /> ものすごい一年だったんだぜ<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> 当然2つは別の団体だけど<br /> 一方が促進した銃で他方が黒人を撃っていた<br /> その時代は長く続いた<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> 1955年ある女性がバスで黒人席への移動を拒む<br /> (白人たち)「どうした」「何事だ」<br /> 公民権運動に火がつき<br /> 白人は恐怖に震え上がった<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> (白人たち)「逃げろ!逃げろ!」<br /> 郊外の安全な白人居住区に逃げ込むと<br /> 2億5000万丁の銃を買った<br /> 家に鍵と警報機をつけ周辺をサクで囲った<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> そしてついに安心と快適さを獲得<br /> みんな幸せに暮らしましたとさ<br /> (バーベキューを楽しむ白人家庭。配達された新聞に驚き発砲、新聞配達を射殺してしまう)<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> (日本語字幕、大沢陽子さんによる)<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> やや乱暴な要約ではあるけれど、アメリカ合衆国史の一面をついているね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> アメリカ合衆国の負の側面は白人のいわれのない恐怖に根ざしているという見方だね。</span></p> <p><span style="color: #000000;">&nbsp;</span><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> <a href="http://home.aol.com/shimakaz/kishidaindex.htm">岸田秀</a>先生は、以前から「アメリカ合衆国は、アメリカン・インディアンの大量殺戮を原因とする強迫神経症となり、常に戦争をして自分たちの主義主張が正しいと証明しつづけずにはいられない(必ずしも成功しないにもかかわらず)」といっている。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; <br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 「いわれのない恐怖」というあたりに共通するものがあるように思うね。そういう考え方が当のアメリカ人からも出てきて、これだけ明示的に出てきたということだね。</span><span style="color: #000000;"><br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; <br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> もちろんここに至るまでには長い時間がかかっているわけだけれど、こういう映画が堂々と公開されて、しかもポップな表現がとられる、というあたりはいかにもアメリカだ、と思うのだけれどね。</span></p>
スポンサーサイト

上原ひろみ 小曽根真 集合とはなにか

<p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 東京JAZZ2006いってきました。&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; <br /></span></p> <p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> どうでした?<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; <br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> </span><span style="color: #000000;">上原ひろみ・チックコリアのデュオがすごくよかった。</span><span style="color: #000000;">上 原さんとしてはコリアさんに胸を借りる、といった気分だったかも知れませんが、非常にリラックスした感じで、イマジネーション豊かなインタープレイが繰り 広げられました。ロマンティックなフレーズでは上原さんの方がむしろリッチに感じましたね。コリアさんたじたじという感じ。<br /></span></p><br /><p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;</span><span style="color: #000000;">上原ひろみさんは当サイトでもデビュー盤からずっと注目してましたが、</span><span style="color: #000000;">「カンフー・ワールドチャンピオン」だけじゃないと(笑)やっぱり偉大な才能だね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; <br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;それと<a href="http://www.makotoozone.com/jp/">小曽根真さん</a>のモーツァルト:ピアノ協奏曲 第9番 変 ホ長調 K.271「ジュノム」(</span><span style="color: #000000;">ポ ワトゥ=シャラント管弦楽団 指揮:フランソワ=グザヴィエ・ロス)の第一楽章の録音を聞いたんだけど、小曽根さん一流のカデンツァがよかった。しゃれててね。「夜の子供部屋」での実 験が生きてきたという感じかな。以前小曽根さんのモーツァルトの協奏曲におけるカデンツァにけちをつけたことがありましたが、ずっとよくなりました。</span></p> <p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; そりゃ、日々研鑽しておられますからな。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; <br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> &nbsp; &nbsp;時に、ブルーバックスの<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/redirect.html?link_code=ur2&amp;tag=mikekonokuchu-22&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;location=%2Fgp%2Fproduct%2F4062573326%2Fsr%3D1-1%2Fqid%3D1157851331%2Fref%3Dsr_1_1%3Fie%3DUTF8%26s%3Dbooks">新装版 集合とはなにか</a> &nbsp; &nbsp; (竹内外史)を読んでるんだけどね。すごく面白いけど、すごく難しい本だねぇ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; <br /></span><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> &nbsp; &nbsp;わけのわからんことが書いてあるからわけがわからん、という本と違って、数学的にまともに、しかも極力わかりやすく書いておられるのがわかるだけにつらいという(笑)。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; <br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> この本の94ページに公理的集合論が出てくる機縁となったパラドックスについて「順序数全体の集合を考えるもの」「集合の集合を考えるもの」「ラッセルの パラドックス」の三種類が挙げられているんだけど、素人目にはどれも単に自己言及のせいでパラドックスになっているように見えるんだけどね。 <br /></span></p> <p><span style="color: #000000;"> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> &nbsp; &nbsp;世界中の数学者がよってたかって考えてるんだから、それだけじゃ済まない理由がなにかあるんでしょ(笑)<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; <br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> もちろんそうだろうね。ただ、自分自身を含む集合というのがどうしてもイメージできないんだな。だって自分自身を含む集合ってフツーに考えて概念として無理があるんじゃないか?そういうものを入れてたら当然パラドックスが起きるんじゃないかと思えてならない。</span><span style="color: #000000;"><br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; <br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" />  だれかよくわかってる人に教えて欲しいものだね。</span></p>
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR