電子ピアノの交代

<p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 電子ピアノ(YAMAHA Clavinova CVP-3)がついに壊れてしまって。電源も入らないし、うんともすんともいわない。音がしなくなってもしばらくはMIDIキーボードとして使えていたんだけど(~_~;)</span></p> <p><span style="color: #000000;"><a onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=602,height=262,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false" href="http://midi-jazz-tokyo.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/clavinova2.jpg"><img width="100" height="43" border="0" src="http://midi-jazz-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/images/clavinova2.jpg" title="Clavinova2" alt="Clavinova2" style="margin: 0px 5px 5px 0px; float: left;" /></a> <br /></span></p> <p><span style="color: #000000;"> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 直せないのかね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> メーカーには「トライはできるけど部品がもうないからだめかもしれない」といわれてね。この際だから買い換えることにしました。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 年末にものいりですな。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 18年使いましたからね。もうもとはとってるでしょ。(買ったときのいきさつは<a href="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/zakki2.htm#10">こちら</a>)でも、この18年の間に作ったすべての曲はこのピアノのお世話になったからね。捨てるときには感慨深いものがありましたよ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /> 電子ピアノのドナドナ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span></p> <p><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /> </span><span style="color: #000000;">新 電子ピアノはどれにしようかといろいろ悩んだけど、結局またもYAMAHAのYDP-151に決定。なぜかというと、ピアノの上に五線紙や楽譜が一番置き やすそうだったから。実用品としてはそういうところが結構大事なんですよね。最初、いまと同じクラビノーバの後継機種と思わないでもなかったんだけど、で かいわ高いわ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 最近のクラビノーバは奥行きがあるからな。しかも値段が高い。下位機種で18万円、高級機種は60万円もするんだね。要するにアコースティックピアノは音が大きいし夜練習できないからといったことで、こういう高い電子ピアノが売れるのかね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> はっきりいって電子ピアノに何十万円も出す気はしないな。YDP-151の一つ上の機種のYDP-232もあったけど、僕としてはちょっと音を出したいときに使う、あるいはMIDIキーボードとして使う、ということだからそこまで必要ない感じ。早速、ピアノ音の<a href="http://jun.music.coocan.jp/music/ydp-151test.mp3">サンプル</a>を作ってみたのでご参考までにどうぞ。前半がYDP-151のピアノ1の音色にデフォルトのリバーブをかけたもの。後半は同じ演奏で、GPOのピアノを演奏したもの。リバーブはSIR-1010でうっすらかけてみました。これならまずまずかと思う。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> こうして聞き比べてみると思ったより違わないものだね。あえて言えばGPOの方がやや好みかな。</span></p>
スポンサーサイト

ルーセルの交響曲第4番

<p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> <a href="http://homepage1.nifty.com/alchemy/index.html">Digitalians' Alchemy</a> Nagataさん <a href="http://homepage1.nifty.com/alchemy/diary200612.html#D20061220">2006/12/20 (水)</a> 。ベートーベンねたに反応していただいたので、さっそくルーセルの交響曲第4番を聞いてみた(デュトワ/フランス国立管弦楽団)<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" />ルーセルなんてまず聞かないでしょ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /></span><span style="color: #000000;"> 聞かないですね。その昔対位法的な曲を何か聞いて(弦楽四重奏だったかな)「????」になってそれっきり。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 有名な作曲家なのにね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 交響曲第4番を聞いてみてまず思ったのは「やかましい」(笑)。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 結構派手ですな。ふんだんに大太鼓が鳴るし。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> お薦めの曲の終結部分はなるほどきっぱりしているね。大1第4だけでなく第3楽章もすっぱり終わってむしろなにか物足りないくらい。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> それはベートーベンに毒されているんだよ。</span></p>

ベートーベンとの和解

<p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> ベートーベンの交響曲。子供の頃にさんざん聞いたので食傷していたんですが、数十年ぶりに最近また聞いてみてやっぱりいいなと。岩城さんが晩年、「メシアンなんかじゃなくてベートーベンを指揮していたい」とおっしゃっていた気持ちが少しわかるような。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> ベートーベンねぇ。メロディーメーカーとしては最悪ですけどねぇ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> たしかにひどい。エロイカ(交響曲第3番変ホ長調)の第一楽章の第一主題なんてねぇ。(移動ドで)ドーミドーソドミソドーですよ。最終楽章にいたっては ド、ソ、ソ、ドだもんねー。メロディーじゃないもん。チャイコフスキーやドボルザークだったらこんなテーマは絶対使わない。ブラームスですら使わない。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 単なる分散和音だもんね。ハ短調のピアノ協奏曲のテーマもひどいよなぁ。ラッミラッミ、ラッとか。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 和声的にも大して複雑なことはやってない。せいぜい減7の和音が出てくるくらい。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> それでもすばらしい。モーツァルトの音楽が「喜び、楽しさ、美しさ」せいぜい「疾走する悲しみ」でできているとしたら、ベートーベンに至ってはじめて「ド ラマ」が加わるんだな。壮大であったり悲愴であったり崇高であったり、逆に卑小であったり人間臭かったり。モーツァルトも晩年の、たとえば最後の二曲の交 響曲なんかは相当ドラマチックではあるけれどもね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> たったあれだけの素材からこれだけの大建築物をよくも、というところがベートーベンの偉大なゆえんだね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> まぁ、リズムに関しては非常に独創的といっていいと思うけどね。強烈なノリがあるし。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> ベートーベンの交響曲は嫌いという方には第1、第2の二曲の交響曲をお薦めしたいですね。若々しさに溢れているからね。後年のしつこさがないし。さわやか。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> ただ、あの曲の終わりのしつこい属和音と主和音の繰り返しだけはなんとかならんかと思いますけどね(笑)</span></p>

地球に水があったころ

<p><span style="color: #000000;"> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 旧作なんですが、<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/water.mp3&amp;art=Jun%20Yamamoto&amp;kind=MP3&amp;name=%92n%8B%85%82%C9%90%85%82%AA%82%A0%82%C1%82%BD%82%B1%82%EB&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">「地球に水があったころ」(ピアノ・ソロ)</a>をレンディションしなおしましたのでアップロードしました。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 2001年の手作りCDのタイトル曲ですね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> よかったらお聞きください。<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/water.mp3&amp;art=Jun%20Yamamoto&amp;kind=MP3&amp;name=%92n%8B%85%82%C9%90%85%82%AA%82%A0%82%C1%82%BD%82%B1%82%EB&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こ ちら</a>です。それと、毎年恒例の山下達郎さんの<a href="http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&amp;song_id=141598">「ク リスマス・イブ」クラシック編曲版</a>もプレーヤーズ王国にアップロードしましたので、こちらもどうぞ。</span></p>

リトナー&グルーシン

<p><span style="color: #000000;">&nbsp;</span><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /></span><span style="color: #000000;"> Lee Ritenour with special guests Dave Grusin &amp; Friends を聞いてきました。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> リトナーとグルーシン、それにベースが Melvin Davis ドラムスに Oscar Seaton.<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> シートンさんのドラムス、スネアの気合の入り方がなかなか快感。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> やっぱり「世界の一流」はすごいねぇ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> グルーシンさんは72歳か。まだまだお元気そうですね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> リトナーさん、52歳。いつもながらニコニコしてるなぁ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> この二人の組み合わせがきけるのは本当に幸せですね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> けちはつけないのか。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> このメンツはけちがつけにくいな。強いて言えばグルーシンさんのWaltz for Debby は微妙だったかな。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 思い入れはあるんだろうけど、なんか重い感じがしたね。</span></p>
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR