ブタが道をゆくよ

<p><a onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=150,height=150,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false" href="http://midi-jazz-tokyo.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/buta.gif"><img width="100" height="100" border="0" src="http://midi-jazz-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/images/buta.gif" title="Buta" alt="Buta" style="margin: 0px 5px 5px 0px; float: left;" /></a> </p> <p></p> <p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 僕がアンチ・クライマックスという言葉をはじめて目にしたのは伊丹十三さんの「ヨーロッパ退屈日記」の最初の方に出てくる「ハリーの話」という随筆だった。話自体はよく知られた小話なんだが、伊丹さんの絶妙のプレゼンテーションとあいまって非常に印象に残ったんだね。</span></p> <p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> なんと訳したらいいのだろうね。一種の肩透かし感とでも言おうか。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> これもいわばアンチ・クライマックスなんじゃないかと思うのが<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/butagamichiwoyukuyo.mp3&amp;art=Unknown&amp;Jun%20Yamamoto&amp;kind=MP3&amp;name=%83u%83%5E%82%AA%93%B9%82%F0%82%E4%82%AD%82%E6&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">「ブタが道をゆくよ」</a>というあそび歌なんだけど。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 確かに強烈な肩透かし感があるな。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> これがいったい誰の作品なのかがナゾだ。だれか作者はいるはずなんだけど、ネット上の情報でも、もう一つはっきりしない。出所をご存知の方がおられたら教えてください。</span></p>
スポンサーサイト

16年前の曲

<p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> サンフランシスコの年上の友人からグリーティングカードがきて、その昔僕が書いた曲 (&quot;サンフランシスコの印象&quot;)の楽譜が出てきたと書いてあった。'89の作品なんだけど、どうもピアノを親戚に貸したときに椅子の中に譜面をいれたまま 貸して、またそのまま戻ってきたということらしい。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span></p> <p><span style="color: #000000;"> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> アバウトだなぁ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> <a href="http://gessil.hp.infoseek.co.jp/">Annex II</a> に放り込んで忘れていたので、改めて聞きなおしてみたんだけどね。結構よくできてるのよ、音は悪いけど(笑)(<a href="http://gessil.hp.infoseek.co.jp/JUNSTAVERN/an%20impression%20of%20san%20francisco.mp3">「サンフランシスコの印象」</a>)<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 16年経ってもあまり進歩はないということですね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> むしろ作曲能力は歳とともに衰えるんだねぇ。_| ̄|○</span></p>

マイケル・ブレッカーさん、逝去

<p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /></span><span style="color: #000000;"> マイケル・ブレッカーさん、亡くなってしまいました。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /></span><span style="color: #000000;"> ショックだね。あまりにも早すぎた。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 2004年2月にブルーノートで聞いたのが最後になってしまった。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> もっとも最近のCD買ってないけどね。&quot;Time is of the Essence&quot;('99)と&quot;Two Blocks from the Edge&quot;('97)は持ってる。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> バラードのCDもあったよね。&quot;Nearness of You&quot;('01)。</span><span style="color: #000000;">でも結局一番インパクトがあったのは&quot;Brecker Brothers&quot;('75)かなぁ。</span><span style="color: #000000;"><br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /> 突然強力に古いなぁ。でも&quot;Heavy Metal Bebop&quot;('78) も忘れがたいですね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /></span><span style="color: #000000;"> 関係ないですが、当サイトの「ゲストブック・掲示板」を閉鎖します。英語の迷惑書き込みが多すぎて。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /> しょうがないね。どこかのレンタル板を借りますかね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> </span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /></span><span style="color: #000000;"> 当面リンク切れとか、なにかございましたら <img width="180" height="20" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/mail.jpg" />まで、メールをください。m(__)m</span></p>

カウントベイシー のだめ テルミン

<p><span style="color: #000000;"><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> 今年の年越しはビッグバンドでした。Count Basie Orchestra directed by Bill Hughes featuring Butch Miles vocal Melba Joyce.<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> 僕はサド=メルが好きだ。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> <img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> んー、最初の1-2曲は迫力に押されてすごいなと思うんだけど、あとはみんなおんなじに聞こえてしまって。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" /> それもどうかしている。バラードとアップテンポの違いくらいわからんか。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /><img width="24" height="24" src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" /> バラードなんかあったかな。あー、Aトレインはわかったけど。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /> ビッグ・バンドに対する理解力が不足してるなぁ。せっかくいったのにもったいない。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /> </span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /></span><span style="color: #000000;"> でもCount Basieアレンジ特有のピアノはいいね。最小限の音量と音数で最大限の効果をあげる。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /> うん。あれはかなり卑怯な技というか、コロンブスの卵というか、やられた感((c) airさん)があるね。</span></p> <p><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /></span><span style="color: #000000;">&nbsp;</span><span style="color: #000000;">話は変わってテレビドラマの放送も終わった「のだめカンタービレ」ですが、雑誌の連載の方(KISS)の今週のお話にはテルミンが出てくる。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span></p> <p><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/gsharp.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /> ヤドヴィカというハンガリー人の女の子がテルミンとピアノの曲を自作自演するんだね。<br /> &nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;<br /></span><span style="color: #000000;"><img src="http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/ab.gif" style="width: 24px; height: 24px;" /> テルミンの三毛子さんがマンガから楽譜を読み取って試演しているので音が聞けます。<a href="http://blog.goo.ne.jp/miquette/e/4bc8062943a3af5631a926059f8f484c">(みけこの詰め合わせ)</a> </span></p>
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR