ライブ三題

<p>Ab ここのところ続けて三つライブを聞いたので、記録しておきます。</p> <p>まずは、谷山浩子さんの猫森集会、斉藤由貴さんがゲストの会の二夜目にいってきました。MCの中で「似たようなタイプが二人そろうとパワーが増す」、という話題で斉藤由貴さんが「そう、2+2じゃなくて2×2になるみたいな」といったところで会場大爆笑、ご本人がどちらも4になると気づくまでに大分ありまして、ネタじゃないとすれば相当の天然です。</p> <p>G# あー、2はy=x+xと<span style="color: #000000;">y=x*xと</span>の0以外唯一の解だからねぇ(笑)。</p> <p><span style="color: #000000;">Ab お二人のデュエットで演奏された SEAGULLがよかったですね。</span><span style="color: #000000;"><br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# あのハモリは難しいよね。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab 続いて「東京JAZZ」の昼のセット、<br /></span></p> <ul><li><span class="toprof">Keiko Matsui Special Band</span> </li> <li><span class="toprof">リー・リトナー starring アレックス・アクーニャ、パトリース・ラッシェン、ブライアン・ブロンバーグ and Special Guest ビル・エヴァンス</span><span style="color: #cc0000;"><span style="FONT-WEIGHT: bold; COLOR: rgb(204,0,0)"><br /></span></span></li> <li><span class="toprof">ボブ・ジェームス・バンド featuring デイヴ・マクマレイ &amp; DJロブ・スウィフト</span> </li> <li><span class="toprof">エリック・ベネイ with マイケル・パウロ・バンド</span> </li></ul> <p>Keiko Matsuiさん、とエリック・ベネイさんのセットはどちらも興味がないので、リトナーさん、ボブ・ジェームズさん狙いだったんだけど。リトナーさんは相変わらずだけど、ラッシェンさんがマラカスの腕を上げたなと(笑)。ビル・エヴァンスさんは圧巻でしたね。このセットをブルーノートで聞きたかったな。それと、ボブ・ジェームズさんのDJを入れる熱意は買うんだけど、どうも紅茶に塩を入れたみたいでね、私はなじめませんでしたね。</p> <p><span style="color: #000000;">G# 東京Jazzもハンコックさんプロデュースのころからかなりコンセプトが変わっているよね。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab 最後がブルーノートのチック・コリアさんのトリオ。</span> CHICK COREA Rendezvous in TOKYO-TRIO with JOHN PATITUCCI and ANTONIO SANCHEZ。コリアさんの音楽もどんどん進化を遂げている感じ。新しいアルバムからの曲がほとんどでした。最後はアンコールに500 Miles Highを演奏してサービスしてましたけど。</p> <p><span style="color: #000000;">G# 大サービスですな。</span> </p>
スポンサーサイト

病的作曲の診断基準

<p>Ab 山崎 元さんの「お金をふやす本当の常識」という本の中に「<span class="keyword">アメリカ</span><span class="keyword">精神医学</span>会」で定義している精神疾患の分類と診断の<span class="keyword">マニュアル</span>と基準 DSM-IV(1994年)の病的賭博の診断基準というのが紹介されていた。</p> <p>G# こういうやつですね。</p> <p>病的賭博の診断基準(DSM-IV)</p> <p>A.&nbsp; &nbsp;&nbsp; 以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される持続的で反復的な不適応的賭博行為。</p> <p>(1)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 賭博にとらわれている(例:過去の賭博を生き生きと再体験すること、ハンディをつけることまたは次の賭の計画を立てること、または賭博をするための金銭を得る方法を考えることにとらわれている)。<br />(2)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 興奮を得たいがために、掛け金の額を増やして賭博をしたい欲求。<br />(3)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 賭博をするのを抑える、減らす、やめるなどの努力を繰り返し成功しなかったことがある。<br />(4)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 賭博をするのを減らしたり、またはやめたりすると落ち着かなくなる、またはいらいらする。<br />(5)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 問題から逃避する手段として、または不快な気分(例:無気力、罪悪感、不安、抑鬱)を解消する手段として賭博をする。<br />(6)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 賭博で金をすった後別の日にそれを取り戻しに帰ってくることが多い(失った金を”深追いすること”)。<br />(7)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 賭博へののめり込みを隠すために、家族、治療者、またはそれ以外の人に嘘をつく。<br />(8)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 賭博の資金を得るために、偽造、詐欺、窃盗、横領などの非合法的行為に手を染めたことがある。<br />(9)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 賭博のために、重要な人間関係、仕事、教育または職業上の機会を危険にさらし、または失ったことがある。<br />(10)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 賭博によって引き起こされた絶望的な経済状態を救うために、他人に金を出してくれるよう頼る。</p> <p>B.&nbsp; &nbsp;&nbsp; その賭博行動は、躁病エピソードではうまく説明されない。</p> <p><span style="color: #000000;">Ab これ、似たようなことはいろいろありそうな気がする。たとえば私の場合。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">病的作曲の診断基準<br /><br />A.&nbsp; &nbsp;&nbsp; 以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される持続的で反復的な不適応的作曲行為。<br /><br />(1)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 作曲にとらわれている(例:過去の作曲を生き生きと再体験すること、五線紙を用意することまたは次の作曲の計画を立てること、または作曲をするための金銭を得る方法を考えることにとらわれている)。<br />(2)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 興奮を得たいがために、楽器の数を増やして作曲をしたい欲求。<br />(3)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 作曲をするのを抑える、減らす、やめるなどの努力を繰り返し成功しなかったことがある。<br />(4)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 作曲をするのを減らしたり、またはやめたりすると落ち着かなくなる、またはいらいらする。<br />(5)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 問題から逃避する手段として、または不快な気分(例:無気力、罪悪感、不安、抑鬱)を解消する手段として作曲をする。<br />(6)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 駄作を作曲してしまった後別の日にあきらめきれずにまだいじくり回すことが多い。<br />(7)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 作曲へののめり込みを隠すために、家族、友人、またはそれ以外の人に嘘をつく。<br />(8)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 作曲の資金を得るために、偽造、詐欺、窃盗、横領などの非合法的行為に手を染めたことがある。<br />(9)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 作曲のために、重要な人間関係、仕事、教育または職業上の機会を危険にさらし、または失ったことがある。<br />(10)&nbsp; &nbsp;&nbsp; 作曲によって引き起こされた絶望的な経済状態を救うために、他人に金を出してくれるよう頼る。<br /><br />B.&nbsp; &nbsp;&nbsp; その作曲行動は、躁病エピソードではうまく説明されない。<br /></span><br />かろうじて(8)はないけど、(9)はしばしばあるな。</p> <p><span style="color: #000000;">G# 相当重度ですな。</span><span style="color: #000000;"><br /></span></p>
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR