ゴダイゴの「ガンダーラ」

<p>Ab&nbsp; ゴダイゴの「ガンダーラ」にけちつけ。</p> <p>G# 古いな。夏目雅子さんの三蔵法師、堺正章さんの孫悟空のTVドラマ「西遊記」のエンディング・テーマでしょ。1978年のヒット曲ですよ。もう30年前じゃないか。</p> <p><span style="color: #000000;">Ab そうなんだけどね。改めて聞いてみると気になるのよ。<br /></span><span style="color: #000000;"><br /></span><span style="color: #000000;">G# どこが気になるのさ。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab 最初の部分なんですけどね、伴奏のコードとタケカワさんのヴォーカルラインがぶつかってるのですよ。ピアノの試奏は<a href="http://jun.music.coocan.jp/kataru/gan1.mp3">こちら</a>。(楽譜は英語バージョンをもとにしています)<br /><br /><img src="http://jun.music.coocan.jp/kataru/gandhara.jpg" style="width: 731px; height: 451px;" /><br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# まぁ、微妙なところだなぁ。で、この1978年のヒット曲をいまさらどうしろと。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab 一つの方法はこのEシャープをEナチュラルにする手ですね。音は<a href="http://jun.music.coocan.jp/kataru/gan2.mp3">こちら</a>。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# それでも次の小節のC#のコードの第3音E#との間で対斜が起こるよ。</span></p> <p><span style="color: #000000;">Ab そうなんだよね。このメロディーラインだとやっぱりE#が正解なんだろうけど、コードの方で合わせようとするとC#・C#と同じ和音が続いて面白くない。苦肉の策として、コードをEの代わりにG#ディミニッシュを持ってきてみました。音は<a href="http://jun.music.coocan.jp/kataru/gan3.mp3">こちら</a>。</span><br /><span style="color: #000000;"><br /></span><span style="color: #000000;">G# ドミナントのC#の二階だけ持ってくる手だね。しかしこれも苦肉の策を出ないような気もするけどねぇ。</span> </p>
スポンサーサイト

Garritan Stradivari

<p> Ab GarritanさんのGofriller Celloに引き続き、Stradivari Solo Violin 2.0も手に入れたので、旧作の”春”をやり直してみました。音は<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/spring.mp3&amp;art=Jun%20Yamamoto&amp;kind=MP3&amp;name=%22Spring%22%20for%20Violin%20and%20Piano&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こちら</a>です。ヴァイオリンとピアノの小品だけど。</p> <p>G# 旧作復活セールですな。それにしても季節が激しく外れてるな(笑)。それで上手くいったのかね。</p> <p><span style="color: #000000;">Ab それがねー、Gofrillerの時はそれでもまぁなんとかかっこがついたと思ったんだけどね。Stradvariはなかなか一筋縄ではいかないね。<br /></span><span style="color: #000000;"><br /></span><span style="color: #000000;">G# ちょっと聞いたところ、SC88のヴァイオリンに比べればはるかにリアルだけどね。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab それが、どうもGarritanフォーラムで皆さんが発表されている曲のようなリアルさがでないんだね。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# 曲が悪いんだろう。ヴァイオリニスティックじゃないからだと思うよ。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab そうかもしれないね。それにしてもトリルのところがどうも不自然だし、ちょっとしたポルタメントとか、なかなか難しいものだ。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# ところで、そのGarritanフォーラムで<a href="http://www.northernsounds.com/forum/showthread.php?t=57646">剽窃騒ぎ</a>があったね。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab まぁ、騒ぎってほどのことにはなってないけど。もうスレッドはクローズされちゃったし。</span><br /><span style="color: #000000;"><br /></span><span style="color: #000000;">G# でも、インターネット上に公開されていた既存のよく出来たMIDIデータを流用して、音源の差し替えとそれに伴う多少の調整はしたかもしれないけど、あたかも「自分が全部やりました」というような顔をして、フォーラムのみんなの善意にして好意的なコメントを受け続けていたっていうのは、ちょっとねぇ。しかも、剽窃だと指摘されると、公開している自分の曲も盗まれることが多いし、自分は音楽では一銭もお金を受け取ってないとか、言い訳にもならない言い訳してるのがなんともイタい。あれでまた今後しゃあしゃあと出てきたら相当だな。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab あの人は前から異常にアップする曲数が多いしね、なんだかなぁとは思っていたのですよ。ジャズのアドリブ部分までそのままのパクリでしょ。そりゃいかんわな。それにしてもよく元ファイルが特定されたね。悪いことはできないもんだなぁ。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# </span>天網恢々疎にして漏さずてぇやつですね。<span style="color: #000000;">ところで剽窃って英語で</span><span style="color: #000000;">plagiarismっていうんだね。初めて知ったよ。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab 全然関係ないんだけどね、最近面白い本を読んだのでご紹介。岸本佐知子さんの<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480814841?ie=UTF8&amp;tag=mikekonokuchu-22&amp;linkCode=as2&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=4480814841">「ねにもつタイプ」</a><img height="1" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=mikekonokuchu-22&amp;l=as2&amp;o=9&amp;a=4480814841" width="1" border="0" style="BORDER-RIGHT: medium none; BORDER-TOP: medium none; MARGIN: 0px; BORDER-LEFT: medium none; BORDER-BOTTOM: medium none" /></span>という本なんだけれど、これはひさびさに面白かった。想像が暴走するタイプなんだと思うんだけどその想像がすごく可笑しい。</p> <p><span style="color: #000000;">G#</span> あー、君も「気がつかない星人」だからね。気をつけたほうがいいよ。</p>

Garritan Gofriller Cello

<p>Ab 最近、Garritanさんとこのチェロ音源を手に入れた。Garritan Gofriller Solo Celloっていうんだけど。それで古い曲を一曲やり直してみました。Moderato for Violoncello and Piano。音は<a href="http://hpcgi2.nifty.com/yamamoto_jun/lime/lime.cgi?down=http://jun.music.coocan.jp/music/moderato-gof.mp3&amp;art=Jun%20Yamamoto&amp;kind=MP3&amp;name=Moderato%20for%20Vlc%20and%20Pf&amp;url=http://homepage2.nifty.com/yamamoto_jun/index.htm">こちら</a>です。もとの曲は高校時代に書いたと思うのでもう30年以上経ってる。</p> <p>G# 大昔ですな。</p> <p><span style="color: #000000;">Ab Gofriller Cello の説明書はとても親切に書いてあるんだけど、もともとリアルタイムにキーボードで演奏することを念頭において書かれているから、われわれMIDIerっていうか、打ち込みっていうか、そういう観点からするとまどろっこしいのね。<br /></span><span style="color: #000000;"><br /></span><span style="color: #000000;">G# 要するに「MIDI Implementation Chartを出せ!」っていう話だよね。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab そう。まだ途中なんだけど、わかったことは <br /><br />Velocity&nbsp;   アタックの強さ<br />Control #1&nbsp;  ビブラートの深さ<br />Control #11&nbsp; 音の大きさ<br />Aftertouch&nbsp;  ビブラートの速さ<br /><br />ということらしい。それと、音が重なっているところは、Velocityが小さければ小さいほどゆっくりしたポルタメントになる。あとはキースイッチのコントロールかな。とりあえずAutomatic (C) にしておけば上手くいくようだけど。ピチカートは(A#)。マニュアルにはC1-B1がキースイッチと書いてあるがどうもそうではない。C2-B2だね。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# なるほど。詳しくはわからなくても、そのくらいわかればとりあえず使うことはできるね。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab &quot;Moderato for Viloloncello and Piano&quot; は以前最初にMIDI化したときに Yo さんにお世話になって音の表情付けのためのコントロールをたくさんいれてもらったのね。今回もそれを踏襲したんだけれど、ちょっと微調整が必要になったので、<br /><br />○コントロールの値を一定量上下する(CONTROLA) と<br /><br />○コントロールの値をパーセンテージで増減する(CONTROLM)<br /><br />という2つのCALプログラムを書いたのでご参考までに載せておきます。SONAR付属のCALはダメでした。おそらくControl.Valそのもので計算をしようとするので、定義された数値の範囲を超えちゃったぜっていうエラーが出てるんじゃないかと思う。<br /><br />;; CONTROLA.cal <br />;;<br />;; Adjust control value by fixed amount.<br /><br />(do<br />&nbsp; &nbsp; (include &quot;need20.cal&quot;)&nbsp; &nbsp; ; Require version 2.0 or higher of CAL<br /><br />&nbsp; &nbsp; (int controlin&nbsp; 1)<br />&nbsp; &nbsp; (int factor 10)<br />&nbsp; &nbsp; (long val 0)<br />&nbsp; &nbsp; (getInt controlin &quot;Control Number?&quot; 0 127)<br />&nbsp; &nbsp; (getInt factor &quot;Fixed amount to add?&quot; -127 127)<br />&nbsp; &nbsp; (forEachEvent<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (if (== Event.Kind CONTROL)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;(if (== Control.Num controlin)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; (do<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (= val Control.Val)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (= val (+ val factor))<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (if (&gt; val 127)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;(do<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; (= val 127)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; )<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (if (&lt; val 0)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;(do<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; (= val 0)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; )<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (= Control.Val val)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; )<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; )<br />&nbsp; &nbsp; )<br />)<br /><br /><br />;; CONTROLM.cal <br />;;<br />;; Multiply control value by percentage.<br /><br />(do<br />&nbsp; &nbsp; (include &quot;need20.cal&quot;)&nbsp; &nbsp; ; Require version 2.0 or higher of CAL<br /><br />&nbsp; &nbsp; (int controlin&nbsp; 1)<br />&nbsp; &nbsp; (int factor 100)<br />&nbsp; &nbsp; (long val 0)<br />&nbsp; &nbsp; (getInt controlin &quot;Control Number?&quot; 0 127)<br />&nbsp; &nbsp; (getInt factor &quot;Percentage?&quot; 1 1000)<br />&nbsp; &nbsp; (forEachEvent<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (if (== Event.Kind CONTROL)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;(if (== Control.Num controlin)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; (do<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (= val Control.Val)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (= val (* val factor))<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (if (&gt; val 12700)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;(do<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; (= val 12700)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; )<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (= val (/ val 100))<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; (= Control.Val val)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp; )<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;)<br />&nbsp; &nbsp;&nbsp; &nbsp;&nbsp; )<br />&nbsp; &nbsp; )<br />)<br /><br /></span><span style="color: #000000;"><br /></span></p>

クロイツェル・ソナタにけちつけ

<p>Ab これもねぇ、30年くらい気になってるんだけどね。</p> <p>G# 古いな。またベートーヴェンにけちをつけるのかい。</p> <p><span style="color: #000000;">Ab けちつけというより、なぜなのか教えて欲しいというところだね。作品47のヴァイオリン・ソナタ(クロイツェル・ソナタ)の第一楽章の144小節目から出てくる有名なテーマなんですけどね。<a href="http://jun.music.coocan.jp/kataru/kreu1.mp3">この部分</a>を聞いて欲しい。165小節目のG#(丸印をした音)が気になってしょうがないのね。(最初はピアノで出てくるので153小節目も同じ)<br /><br /><img src="http://jun.music.coocan.jp/kataru/kreu1.jpg" style="WIDTH: 602px; HEIGHT: 435px" /><br /></span><span style="color: #000000;"><br /></span><span style="color: #000000;">G# 別にいいと思うけれど。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab どうもこれがナチュラルの方が自然なような気がするんですがね。音は<a href="http://jun.music.coocan.jp/kataru/kreu2.mp3">こちら</a>。<br /><br /><img src="http://jun.music.coocan.jp/kataru/kreu2.jpg" style="WIDTH: 608px; HEIGHT: 456px" /></span><br /><span style="color: #000000;"><br />G# あー、こうするとGと伴奏、ピアノの右手のF#がぶつかるのがいやだったんじゃないかな。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab これが再現部でも同じなら納得するんだけど、実際のところ再現部ではC#じゃなくてCになってるんだよ。<br />音は<a href="http://jun.music.coocan.jp/kataru/kreu3.mp3">こちら</a>。<br /><img src="http://jun.music.coocan.jp/kataru/kreu3.jpg" style="WIDTH: 600px; HEIGHT: 449px" /></span><span style="color: #000000;"><br /><br />G# あー、ここでは音域の関係でピアノの右手の伴奏音形が変わっているんだね。BとCが直接にはぶつからなくなっている。うーん、細かいところだなぁ。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab 提示部でも伴奏音形を逃げる手はあったんじゃないかと思うんだけどね。それで、やっぱりここが気になる人は他にもいるとみえて、僕の知る限りだと、バイバ・スクリデ Baiba Skride</span><span style="color: #000000;">(Vln)、ラウマ・スクリデ(Pf)の演奏は提示部もナチュラルになってる。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# クレメル=アルゲリッチ版はシャープだよ。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">Ab ところで、今回のサンプルの音は、最近入手したGarritan Stradivari Solo Violin version 2.0を嬉しがって使ってみました。Finale 2008がHuman Playbackを使って直接VSTをドライブしています。<br /><br /></span><span style="color: #000000;">G# 楽譜ソフトも進化しているね。</span></p>
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR