花嫁はエイリアン

Ab ふとつけたTVで冒頭部分を流していたのですが、たしかみたことある映画だ、と思ったら「花嫁はエイリアン」原題 My Stepmother is an Alienでした。1988年のB級映画ですが、米国にいたときに会話の内容はもうひとつわからずに字幕なしでみたのをうっすら記憶していました。

G# 題名からしてB級っぽいよね。

Ab 地球から科学実験の失敗で偶然送られた強力な信号が遠く離れた某星の危機を招いてしまう。それを救うために地球にやってきたのがキム・ベイシンガーで美人の宇宙人(?)役、間違って変な信号を送ってしまった科学者がダン・エイクロイド、その娘にアリソン・ハニガン、科学者の弟がジョン・ロヴィッツという配役で、公開当時のサタデイナイト・ライブを思い起こさせるところもあります。地球のことがなにもわからないベイシンガーが、科学者を篭絡しようとあの手この手のとんちんかんなことをやって笑わせてくれるという趣向ですが、それはともあれ、なんといってもベイシンガーが若くてきれいというにつきる映画ですね。

G# アメリカ人の思う美人の一典型だと思うね。日本人にはちょっと骸骨っぽすぎるんじゃないか。

Ab 結局懐かしくて最後まで見ちゃいました。
スポンサーサイト

ミシュラン・ガイド

Ab そういえば、2009年版のミシュラン・ガイドが本屋さんに平積みになってましたね。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=mikekonokuchu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4904337018&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

G# なんでも、発売日には朝から並んだ人がいたとか。

Ab 会社とかで、上位にランクされたお店にいち早く予約をいれて接待に使ったりするんだよ、きっと。

G# へー。そういう接待されるとうれしいのかね。

Ab んー、人によるだろうけれど、まぁ、旬のものってことで。

G# 花見の席とりとならんで、新人さんのお役目定番になるのでありましょうか。

読書レポート

Ab ブログの更新をしたいと思ったが、ネタがない。

G# 活動が鈍っているのだな。冬眠にはまだ早いのでは。

Ab 全体に低調だからな。でも本は少し読んだ。

G# 三谷幸喜さんを読んでいたよね。

Ab 「ありふれた生活」っていうエッセイのシリーズなんだけどね。

G# NHKの大河ドラマの脚本家で、奥さんは女優だぜ。三谷さんの生活が「ありふれた生活」であるはずがない。タイトルに矛盾がある。というか、そうとういやらしいな。

Ab そのとおり。華やかな生活をしておられますな。もっとも、本当に「ありふれた生活」のことなんか淡々とかかれたら、読んでてつまんないだろうけどね。

G# ごく当たり前のことを書かれていても、そこは筆の力で読まされてしまう文章というのもあるけどね。内田百閒先生とか…

Ab そのあとは、久しぶりに加納朋子さんを。「レインレイン・ボウ」、「ささらさや」、「てるてるあした」、「モノレールねこ」、「スペース」、「ぐるぐる猿と歌う鳥」あと、これは再読だけど「月曜日の水玉模様」と「ガラスの麒麟」。

G# 加納朋子さんはどれを読んでも構成のすごさに感心させられるんだけど、「ガラスの麒麟」だけはどうも終わり方がすっきりしないような気がするな。

Ab 「あ、そうだったのか」という感じが薄いね。もっともこっちの頭が悪い可能性もあるけど。加納さんを読んでいたら今度は北村薫さんが読みたくなって、「玻璃の天」「月の沙漠をさばさばと」「ひとがた流し」。

G# 「ひとがた流し」は推理小説じゃないんだよね。ちょっとかっこよすぎる感もないではないが、いい小説だと思いますね。

Ab あと、時流にのって「容疑者Xの献身」も読みましたよ。よーく考えてみるとかなり無理があるような気がするけど、「やられた感」は強烈にあるね。

G# 巧く出来ているよねぇ。トリックという意味ではさすがというべきでしょうね。

Ab あと、これはたまたまなんだけど、山本幸久さんの「笑う招き猫」を読みました。面白かったね。この人の筆の力も相当すごい。これが新人賞だっていうのだから、小説の世界もレベル高いねぇ。

G# まったくだね。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=mikekonokuchu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4163255109&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=mikekonokuchu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4167110121&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=mikekonokuchu-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087460061&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>


お買い物(ラジカセ)

Ab 長年愛用してきたMDラジカセ Kenwood MDX-23が壊れたので、新しいラジカセを買った。

ミニコンポにする選択もあったんだけど、寝室で寝る前に聞くのと、目覚まし代わりのFMを聞くだけだからお手軽なラジカセタイプのものにした。

G# ラジカセというからにはカセットも付いてないとね。

Ab ちゃんと付いていますよ。

G# 今度もKenwoodかい。

Ab Kenwoodの後継品はカセットがついてないのでパス。今回はVictorのRC-L1MDにしました。この型は価格コムで妙に評判がよかったのよね。一応お店でiPodをつなげて音をだしてみたけど、悪くはないと思ったので買ってきました。フロントグリルが光るのがややうるさい感じだけどまぁいいか。

G# で、肝心の出音は?

Ab カセットを再生してみたが結構味のある音でなる。CDの音は評判ほどではないかなぁ。まぁたかがラジカセですからね。あまり多くを期待しても。
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR