現代音楽を読み解く88のキーワード

<p>「現代音楽を読み解く88のキーワード」 ジャン=イヴ・ボスール著 栗原詩子 訳。 </p> <iframe scrolling="no" frameborder="0" marginheight="0" marginwidth="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=mikekonokuchu-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4276132533&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" style="width: 120px; height: 240px;"> </iframe> <p>読みにくいなぁ。たとえば、スペクトル音楽のくだり、</p> <p>「前者(セリー音楽)には不連続性の直観を優先させる傾向があり、音楽を構造的な空間の錯綜 として構想するに対し、後者(スペクトル音楽)は動的な連続性の直観によって支えられており、音楽を相互作用の編み目となしている。」</p> <p>??全くといっていいほど理解できない。原書が難しいのか、翻訳がこなれてないのか。私の常識がなくかつ理解力がない、ということなのか。</p> <p>こういう文章が理解できる人でないと、現代音楽を語る資格はないんだろうとおもふ(笑)。</p>
スポンサーサイト

Twitterその後

<p>確かにTwitterには中毒性といって悪ければ習慣性がある。パソコンを立ち上げれば、とりあえずのぞいてみたくなるし、外出していても携帯電話からアクセスしたくなる。</p> <p>流れているTL(タイムライン)のほとんどは要らない情報だったりするのだが、それは読み飛ばせばいいのであって、時々面白い(有用な)情報が流れてくる。意見があればそれをつぶやくとたまには同感者があらわれたり、反対意見があったりする。時には盛り上がったりする。</p> <p>この感じはなにかに似ているなとずっと思っていたのだが、要するにパソコン通信時代のRT(Real Time Chat)にステロイドを飲ませたようなものなのだ。</p> <p>完全にオープンなネット上で(言葉の壁はあるにせよ)24時間ゆるく特定された人々(著名人を含む)とチャットしているような感じ。24時間オープンの無料(パケット料はかかるけど)でユビキタスな居酒屋とでもいったらいいだろうか。</p> <p>TwitterがSNSやBlogを置き換えるものになるかどうかはわからないけれど、かなり奥の深いものだとは思う。しばらくはこのイキオイは続くんじゃないかな。</p>

Twitter(2)

<p>というわけで、Twitterにはまってるので、しばらくここはお休みにします。</p>

<p>Twitterで何をつぶやいているかは<a href="http://twilog.org/Jun_Yamamoto">http://twilog.org/Jun_Yamamoto</a> で、まとめて読めます。</p>

<p>では、失礼します。<br /></p>

Twitter

<p>昨年末からご多分にもれず、Twitterにはまっております。まあ、有名人の方々のつぶやきを読ませていただいて楽しむというのがメインですが、いろいろ新しい発見もあっておもしろいです。</p>

<p>自分でもたまにはつぶやくかもしれないので、よろしくお願いします。Jun_Yamamotoでエントリーしております。</p>

2010年

<p>2010年、あけましておめでとうございます。</p> <p><a onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=300,height=175,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false" href="http://midi-jazz-tokyo.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2010/01/01/2010.jpg"><img width="100" height="58" border="0" src="http://midi-jazz-tokyo.cocolog-nifty.com/blog/images/2010/01/01/2010.jpg" title="2010" alt="2010" style="margin: 0px 5px 5px 0px; float: left;" /></a> </p> <p></p> <p>昨晩はカルロス菅野さんの「熱帯JAZZ楽団」のカウントダウンライブで楽しく過ごさせていただきました。ウェザーリポートのElegant Peopleがなかなかチャレンジングでよかったです。(下は本家の演奏)</p> <p><object width="425" height="344"><param value="http://www.youtube.com/v/VRHZjoS0Sbw&amp;hl=ja_JP&amp;fs=1&amp;" name="movie" /><param value="true" name="allowFullScreen" /><param value="always" name="allowscriptaccess" /><embed width="425" height="344" allowfullscreen="true" allowscriptaccess="always" type="application/x-shockwave-flash" src="http://www.youtube.com/v/VRHZjoS0Sbw&amp;hl=ja_JP&amp;fs=1&amp;"></embed></object> </p> <p>昨年は27年ぶりに作曲の勉強に復帰した、ということで自分としては大変画期的な年でした。今年もぼちぼちやっていこうと思っています。</p> <p>皆さんの2010年が幸多きものであることをお祈りします。本年もよろしくお願いします。</p>
sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR