つぶやきより

およそどうでもいい話だが、2,3回ニュージーランド、オーストラリア圏にいってわかったのは、コーヒーの注文の仕方。ブラック・コーヒーは「ロング・ブラック」、エスプレッソは「ショート・ブラック」、ミルク入りのコーヒーは「ロング・ホワイト」というらしい。 ロング・ホワイトとカフェラテの区別については、カフェラテはミルクの量が多く、ガラスのグラスにはいってでてくるらしい。なお、エスプレッソをダブルで、というのは「ダブル・ショート・ブラック」で通じるようだ。 自分を振り返ってみればわかるが、大雑把に昭和三十年代生まれは、戦争の厳しさもしらず、戦後民主主義のなかでぬくぬくと育てられ、高度成長のおかげで年々生活はよくなり、テレビ漬けになってバカになっているので、こんな連中が社会の枢要な位置を占めるようになったら世も末なのは自明 日本人がオペラをやるってのはねぇ。苦しいよねぇ。言葉の問題から、文化の問題から、体格から、全部違うからねぇ。まー、夕鶴でもやっとけばいいんじゃないか。 そもそも、0% 10% 25%だとかいう選択肢の設定そのものが恣意的なのに、そこには文句をいわず、電力会社の社員が出てくるのはけしからんとか。電力会社の社員の意見も一般の意見に当然含まれるわけでしょ。 ほっといたら殺し合いを始めるから、十戒の最初に「汝殺すなかれ」って書いてあるわけでしょ。 実需に裏打ちされない一切のデリバティブ取引を禁止すべきなんだ。 議論するのは面倒くさいし、データにあたるのも実に面倒だ。それが民主主義だ。 大津市は和解する方向だが、加害(したとされる)個人はあくまで訴訟で争うらしい。これは当然だろう。この訴訟は「いじめ」に司法判断がどこまで迫れるのかの試金石になる。たいしたことはできないだろうけどね。 公民の先生が「市民社会は暑苦しいものだ」といっていたが、まったくその通りだ。それ以外で彼がいっていたことはことごとく無意味だったが。 東京の山手台地は指を広げるように西から東にせり出している。私はその指の先端のぎりぎり台地の上といえる場所に生まれ育った。周りは坂だらけで、坂を下りればちょっと異なる文化圏になる。そこに駅があった。 一部の外国(たとえば韓国)の人たちは大変日本人を立ててくれる。もちろん調子に乗って兄貴風を吹かせるなどは論外だが、それをもって「内心はそうではないには違いない」とか思いはじめると、病気の始まりである。たとえその疑いが正しかったとしてもだ。 野田政権は消費税上げを通すまでは崩壊しない。 戦争になれば精神疾患の数は減るだろう、とこれは予測にすぎないが、戦時中の資料なんかないんだろうなぁ。 「マスゴミ」って嫌な言葉だな。まずしゃれとしてレベルが低い。志の高いメディアもあるのに一緒くたにする。この辺ですでに知性の弱さを感じる。どこまでグレイに耐えられるか、が勝負なのに。 長銀がつぶれ、JALが倒産、原発は爆発、という世の中、何が起きるかわからない。この恐怖に耐えながら日々生きていくのは結構しんどい。しかし、人間は慣れの動物。もうしばらくしたら、何事もなかったようにほとんどの原発は再稼動するであろう。その時にどこまで反原発を貫けるのかが勝負だよ。 だんだん校長やら教頭やらのやり手がなくなりそうな気がする。何しろ昭和30年代生まれはへタレが多いからなぁ。(私も) ベートーベンの弦楽四重奏曲はいいなぁ。自分の曲書くのがばかばかしくなるくらいいいなぁ。2番なんてもう元気いっぱいだし。 消費税上げそのものよりも、消費税を上げるぞ!という世界に向けてのメッセージ、また日本は消費税を上げるという国民合意をとれる国なんだというアピールが大事。 ヤルヴィか。プーチンかと思った。 ダウンロード販売でもアルバム一枚2000円か。昭和の人間としてはハードなモノがないのにそんな金はだせない。 「2050年のあるべき日本は、社会の多様な主体が、いま使っている能力や資源、眠らせている能力や資源を最大限に引き出し、創造的結合によって新たな価値を創出する「共創の国」である。創造的結合の促進には、「交流」「混合」「変容」を社会基盤として定着させていく必要がある。」意味不明=なにも言っていない。普通の会社ではこんな文章を書いたら通る稟議も通らないよ。 「具体的には、定年制を廃し、...。場合によっては、40歳定年制や50歳定年制を採用する企業があらわれてもいいのではないか。もちろん、それは、何歳でもその適性に応じて雇用が確保され、健康状態に応じて、70歳を超えても活躍の場が与えられるというのが前提である。」そりゃ、企業としては40歳で定年にして、あとは使うかどうか勝手に決められるというなら嬉しい話ですよ。おそらく、人生設計が立てられなくなる。少子化が極端に進む。50代のワーキングプアが大量発生する。最終的には40までにできるだけお金をためて引退となるのだろうが大混乱必至。 夏目漱石は「吾輩は猫である」が最高傑作だと思います。「作家は処女作に向けて成熟する」個人的には「それから」には思い入れがあり、また「虞美人草」は好きですが、若い人にはまず「猫」を現代に重ねながら読んでもらいたいなぁ。 一部の女子の服装がまるで昭和40年代になっていて面白い。流行は繰り返すというが。 私はバットマン「ダーク・ナイト」で船上の囚人が起爆装置を窓から投げ捨てるのがかっこよかった、と思う程度のやつです。でも、ジョーカーのことだから、「水にぬれたら爆発」とかしてるかもしれないのに、とかは思います。 基本的に人間がきらいなので、人付き合いは最低限。徒党を組むことなどありえず、大抵ひとりで行動してました。いじめらしいものは幼稚園の時に経験しましたが、原理がわかったので、それ以来やられずに済んでいます。要するに相手にいじめられると同時にそこに居場所を確保しようとするからいじめがつづくのであって、いじめる側と縁を切ればいいことなのです。これがなかなかできないのが悩み深いところですが、しかしそれが自立ということではないでしょうか。もちろん家庭内の虐待はさらに深刻です。 問題はなるべく広い視野でとらえて、本質に目を向けよう。30秒で説明できない案件などありえない。 有川浩さんの「図書館戦争」を読了。日本国内での仮想の内戦状態を上手く処理していると思って感心した。心理描写がいちいちうるさい感はあるが、それは私が歳をとりすぎているのだろう。これはぜひアニメだけでなく、実写で映画化して欲しいなぁ。笠原役は誰がいいだろう。 大阪からお客さん。大飯原発が動くまでは、大阪の地下鉄はエアコンが入らなかったんだそうだ。そりゃ大変だったろう。 日経新聞が紙面更新して読みにくくて困っている。電車の中で縦に二つ折りにして読むので、真ん中あたりにどん!とある記事は読みにくい。それと二面の真ん中の記事は要らないね。新聞なんだから新しいことを読みたいのであって、古い話はいらんよ。 作曲とはなにか、やってるとちらっと見えたような気がするんだが、気がするだけかなぁ。とにかく、ongaku_meigen ボットさんのストラヴィンスキーの一言はいいヒントになった。 自慢ではないが、方向音痴と、人の名前が覚えられないことについては自信がある。 こういう涼しい日に水泳の授業があたるといやだったなぁ。暑い時はそれでも勢いで水にはりるのだが涼しい日は本当にいやだった。そういうことだから、ますます泳げないし、。。。 いじめの問題を多少なりとまじめに考えてみると、マザー・テレサのいう「愛の反対は無関心である」という言葉が実感をもって迫ってくる。 元首相が雨合羽着て反体制デモに参加するという面白いことになっているが、鳩山さんの場合、別に特別の戦略の下にやってるんじゃないと思う。首相をやるよりデモに加わっている方が似合うよ。 大津のいじめ自殺(かも)事件で、市は和解をいじめたとされる三人はいじめを否認しているという。市は金で片付けたいよな、そりゃ。三人だってこれからの人生を考えたらあくまで法廷で争ってシロにしてもらわないと大変だから否認するのは当然だ。それを非難するのはおかしい。法廷で争えばよい話。 「超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか」読了。これはなかなか素敵な本ですね。面白かった。私は暗いとことか弱いんですが、幽霊を見たことはありません。見たくないし。 WBCの話は、契約の要旨でも読ましてもらわないとなんともいえないねぇ。 CH46って40年も経ってるのか。オスプレイは1994年から量産されているのだから、もう20年近い実績があるわけで、ときどき落ちるのは困ったものだが、他の機種だって落ちているのだろうし、米軍の決定は日米同盟の形そのものが変わらない限り変わらないだろうな。 いじめの定義「「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」(文科省) いじめかそうでないかはいじめられた人の主観できまるということだな。よくこんな定義を通したな。 福島の第一原発5号機6号機、第二原発、いずれも遊休資産であり、減損処理するのが至当。会計原則を枉げるべきではない。東京電力は一度倒産するべきなのだ。 歳をとると、あっちの方が縁遠くなるし、いろんな遊びもできなくなるし、結局政治くらいしか興味がなくなるんだな。で、熱心に国会中継をみる、選挙にも行く。 食糧自給率を上げても原油その他エネルギーが禁輸されるであろう有事には何の意味もないということは野口悠紀夫さんもいっているが、30年も前に大前研一さんが指摘していたことだ。 今の日本は医療始め手厚い社会保障にかかる巨額のコストを国債によってまかなっている。誰でも安価にサービスを受けられる、そのために貯蓄が回されている状態。この貯蓄を取り崩そうという動きが出た途端、この仕組みは破綻する。裕福な老人たちが貯金をそのままに死んでくれればいいが。 どれだけ曖昧で玉虫色でありながらあたかも何か意味のあることを言っているような言辞が弄せるか、が政治家の伎倆である。
スポンサーサイト

つぶやきより

「消費税上げは国民への背信行為だ」ってどの口でいうかねぇ。これからの政局もたしかに綱渡りだけれど、野田さんは危なげなくわたってくれるだろう。また、そうしてもらわないと、日本発国債デフォルトショックが起きる可能性がある。

この時期に野田さんが首相をやっているというのは、不幸中の幸いというべき。

市場は正直だ。円高効果でアウトのacquisitionが増加している。企業は放っておいても自ら生き残る道を探っていくが、国は国民が真剣に考えないことにはどんどん状況が悪化していく。

逆説的だが、今こそ原子力の研究に人とカネをつぎ込むべき時なのだと思う。とにかく全部やめるにしたって最低でも百年以上の時間がかかるわけだし、後継育成も含めて技術のブラッシュアップが必要。全部とめてあとはなかったことにしようなどというファンタジーに付き合っていてはいけない。

「○○が何々と自慢してきた」といった用法。「○○してきた」というのに大変違和感がある。「○○が自慢げに何々といった」でいいのではないか。

篠田節子さんのイビスを読むと朱鷺のイメージが変わる

宇宙に遍在してねばねばして他の粒子の動きを妨げるって粒子同士が引き合う説明に全然なってないよ

あんまり打楽器が「ラ・ヴァルス」を推すので、プログラム案がどれもとりあえず「ラ・ヴァルス」入りになったことがあったな。オーボエが真っ青になってたけど。

LvB SQ No. 13の大フーガの代わりに書かれたFinale はいい曲だなぁ。田舎のお祭りみたいだと思って聞いていると突然抽象の谷に突き落とされる。

野田総理のブログ。じわじわと粘り強く。それが一番難しいがなんとかがんばってもらいたい。 bit.ly/KV2fuv

トッカンは真央ちゃんががんばってるけど、ちょっと重すぎるな。テレビドラマはスカッとあとに残らないものがいいんだが。

トイストーリーはキャラクターの見た目がきらい

水泳の試験に行きたくないのでいろいろ理由をつける夢。だいたい水着ももってなかった。とにかく嫌なのでいかないに決まっているのに、いろいろ逡巡している。現実でもよくあることではある。

ショスタコーヴィチの第13番弦楽四重奏曲。病んでるわー。

LHCにはウチも貢献してるのにな。記事に社名がでない。

自分の命より大事なものがある、というのは普通に考えられることなので、「信念に殉ずる」というのもなかなか一概には否定できないのが難しいところだ。

「死ぬよりつらい」

大阪を理解するには「探偵ナイトスクープ」を見るというのはひとつの有効な手段だと思われる。

「女にだらしない」という人は、自分から積極的に声をかけていくんだろうか。それともたくさんの女の人から言い寄られて断りきれないんだろうか。後者ならむしろうらやましいw

「水のようですか」「いや、カレーぐらいかな」「さらさらのですか」「いや、こっくりしたかんじですかね」「ところで、最近カレーは食べましたか」「昨日たべました」

中野・三橋「売国奴に告ぐ」を読みかけているんだけど、要するにケインズに戻って穴掘りをやって1000兆円の国の借金をもっと増やせということのようですな。それにしても議論がとっちらかってしまって読みにくい。

「抽象の階段を上り下りする筋力」(by 京極純一先生)が弱ってないか~。>中野・三橋両氏

あー、オヤジ殺しに殺されたい

政党の枠を超えてするべきことはする。私に言わせれば野田佳彦政権は正常、勤勉でその上老獪ですよ。あの歳でよくあそこまで落ち着いてことをすすめられると思っていつも感心しています。

「売国奴に告ぐ」について論評がないかと思ってTwitterを検索したが、単なる引用をしているばかりで、賛否とも論評といえるものはなかった。みんなわかって引用したりしてるんだろうな・・・心配になってくる。

ベートーベンが好きな理由を述べるのであれば、まず二泊三日は覚悟してください。

もともと毎朝学校に行かせるのは、将来毎朝会社に行かせるための訓練である。毎朝会社にこなくても成り立つ社会になれば、学校もそれに応じて変わっていいはず。ところが未だに毎朝会社に行く人が多いのが日本の産業構造。ここをなんとかしないと。

ガスを燃やして冷やすガス式冷蔵庫の仕組みがどうしてもわからない。40年来わからない。

要するに国会事故調=東電が悪い、東電の内部調査=東電は悪くない、ということで。

東電が「(全員)撤退する」という意味のことをいったのは事実だろう。

ここにたこ焼きvs明石焼き全面戦争勃発。

「思い込みで決め付ける」「一部を見ただけで一般化する」「過度な一般化」はその方が、頭を使わなくてよくて楽だし、自分が傷つかない便利な方法だから。これを避けるには思考力に余裕を持つしかない。

ビジネスでも「決めない上司」というのは困る。案を作ってもっていくと、この点とこの点をクリアにしてほしいという。それを調べて問題ない、といってもっていくと、今度はあの点とあの点を調べてくれという。どこまでいってもキリがない。要は決断するのが嫌なので先延ばしにしているだけ。無能。

丹羽宇一郎さんの認識が普通のビジネスマンの対中国認識であり、政府公式見解(「尖閣諸島は日本領土。領土問題などない」)といかに隔たっているかということが非常に鮮明にあぶりだされましたね。

出張からもどってみれば、九州では豪雨被害が出ているし、自民党が日航の上場に反対してるし、わけのわからん名前の政党ができているし、

大津のいじめ自殺事件では、みんながいい子になりたがってるようだが、1985年の「葬式ごっこ」当時からなにも進歩していない印象を受ける。もちろん現場の先生方の真摯な努力を一般的には認めるにやぶさかでないのだけれど。教育委員会もずぶといなぁ。

平均律はずっとリヒテルを聞いていたのだが、さすがに聞きすぎたので、グールドにしてみた(とりあえず第2集から)・・・全然違う曲に聞こえるよ。

先週ずっと出張で、今週末は三連休。来週火曜日にオフィスいったら机ないんちゃうか。お花がいけてあって遺影とか飾られてたらもっとやだ。

中野剛志さんと三橋貴明さんの「売国奴に告ぐ」一応読了しました。議論があちこちに飛ぶので、初学者には理解しにくい本です。結局、ケインズに帰って大規模な財政出動をせよ、国債なんかいくら増えても大丈夫、という論旨のようなんですが、もう少し整理して書いて欲しかったですね。

消費税増税も通りそうですし、日本国債はしばらく大丈夫でしょう。しかし、今の負担を次の世代に先送りしているのは間違いないです。国債をまじめに返そうと思ったら極端な増税が必要です。ということは先に使ってしまった金を次の世代に払ってもらうということです。若い人はそれでいいわけ?

誤解のないように申し添えますと、TPPについてはどうせ参加させられるにしても最後まで抵抗した方がいいように思います。まさかとは思いますが、アメリカが「日本が日本語を使っているのが非関税障壁だ」とかいいかねませんからねぇ。「左側通行」とか「国民保険」とかも・・・


つぶやきより

何か物理媒体じゃないとやだ<昭和30年代生まれ

(リポDのCM) 女:あなた、パソコンのパスワードがわからなくなっちゃった。男:こういうときにはひみつの質問というのがあって。。ほら、「愛する人の名前を入れてください」だって。女:今度にする。男:今、入れてよ。女:(強く)うん、今度。 M:ファイトー。いっぱぁーつ。

中学校の時の担任のY先生は、シベリア抑留の経験者だった。「ロシア人のひとりひとりはいいやつなんだけど、ああいうこと(日ソ中立条約破棄と対日宣戦布告)されるとねぇ(ロシア全体に好感をもてない)」といっておられた

昨日から超絶に眠い。人と話をしている途中で寝てしまう。

「エビフライ」「海老はまっすぐですがよろしいでしょうか」「ちょっとやだ」(くまのプー太郎)

自分から総理を投げ出した人が何を言い出すやら 「不信任案、可決させる選択肢も」安倍元首相

国民から信託された多数の議員が賛成するのであれば、手続き上何の問題もない。> 橋下市長「増税?こんな政治が許されたら…」

福島の原発事故を見たときに最初に思ったのはもう新設はムリだなということ。やっぱり、原子力をコントロールするのはムリだったのだな、とも。

清濁合わせ呑むとお腹こわすんだよねー

弦楽四重奏を6ページ分清書終了。これでたったの1分50秒。手が痛くなっちゃったよ。ほんと作曲って効率のわるい仕事だわw

先週は人事がらみで疲れたな~。特に最後の歓送迎会でがっくり来たしな。気分転換に洗濯でもしよう。

橋下徹さんという方は、子沢山の弁護士先生で、テレビのバラエティー番組で島田紳介さんに「いぢられ」て人気が出た、そういう人です。

エネルギー確保は安全保障の根幹、というか「そのもの」といっていい。

やっぱりLvB SQ No.5 のMenuet には三拍目に全部スフォルツァンドが書いてあるのか。そうだろうとは思ったよ。

タオルハンカチにくまさんが刺繍してあるのだが、手抜きなのでちょっと目つきが悪い。

オスプレイは画期的。私たちが子供の頃に夢見た垂直離着陸機が現実になったようだ。本当は垂直上昇する時は機首を上にロケットっぽく飛び立ってほしいが、あれが現実的な解だろう。夢のようであるだけにかなり無理がある感は否めない。フェイルセイフな操縦プログラムでも組み込まないと無理っぽい。

メタルの値段が下がり続けている。一方、アジアでは物不足になっており、プレミアムが上がっている。銀行が倉庫をもってメタルを保有し、コンタンゴを利用して先物で稼いでいる。これって行き着く先どうなるんだろう。銀行はすでに稼ぎ終わっているからメタルを放出するだろう。そこでモノが市場にあふれてまた値段が下がるのだろうか>詳しい方々

でもなぁ、やっぱり芸大出てるとお役所関係の仕事では有利だろう(ネコさん談)し、なにはともあれコンクール歴ないと話にならないし、売れないと喰えないしなぁ。音楽でもやっぱり勝ち負けはあるんじゃないでしょうかねぇ。

お金ってある程度の量を超えると増えこそすれ減りはしなくなる。(ハインライン「愛に時間を」)

消費税増税が通ったので2-3年は時間が稼げたとは思うが、このあと矢継ぎ早にやることやってかないと、この国は危ない。まず、産業構造の変革の青写真を作ってそのための法整備、というより規制緩和が第一だろうな。法人税の減税、関税撤廃、農協解体、農業の法人化、・・・やることは一杯あるなぁ。

結局、週刊文春の小沢一郎元妻の手紙はなんの波乱も起こさずに終息しちゃったのかな。元妻さんが出てきて話をしてくれるのを期待していたのに。カネで黙らされちゃったのかな。

私は子供がいないので、将来の温暖化とか環境汚染とか核廃棄物問題とか教育問題とか保育園問題とか一切興味ありません。自分が死んだらあとはどうでもいいです。

モーツァルトもドビュッシーも音楽は耳に楽しく、美しくなければならないと考えていたフシがある。ベートーベン、シューベルト、ブラームスになると多少耳障りでも感動を与えるためには許されるということになる。しかし、クセナキス、ケージ、あたり聞いていて楽しいという人は限られる。

クセナキス、リゲティ、ライヒ、ケージ、シュトックハウゼンなど、音楽の地平を広げた功績は認めるけれども、長く愛される音楽かどうかは別問題だと思う。ウチの師匠にいわせるとメシアンですら今後の判断に待つということになる。私はメシアンは残っていくと思うけれど。

音楽には国境はない、というのは美しい理想だと思うけれど、少なくとも文化が違うと音楽は理解されない。明治時代に西洋音楽を聴いた日本人は相当面食らったらしい。今、西洋音楽やたとえばビートルズが国境を越えるのは、西洋文化の世界化、いわゆるグローバライゼーションが進んだからだと思います。

「俺たちの音楽を聴け!」というオーラがすごいな。第七銀河の賛歌

朝はコーヒー。ということはやっぱりパンにバターにsunnysideup の卵にジュースと。しかし、そこまでいくと明らかにカロリーオーバーなので、コーヒーだけで我慢してる。

さて・・・・サテはインドネシアの焼き鳥

とりあえず死ぬのに医療費が5百万円から1千万円かかるのか。それを被保険者の負担は50万円程度に抑えるんだから、日本の保険制度はすごいな。これをアメリカでやったら暴動が起きるだろう。

正しい大阪弁は「ほな」か「ほなな」であるが、ここ30年来「ほなね」も市民権を打ち立てつつあるらしい。東京弁も大阪弁に影響を及ぼしているのだ。

お腹がすく>何か食べる>また、お腹がすく>さっき食べたので我慢する>気持ち悪くなってくる←イマココ

インドネシアのホテルの朝食には、ソーセージは鶏かラム、それに牛のベーコンなる不思議なものがでてくる。もちろん、イスラム教徒が多いからである。

文楽に関してはよくわからないのですが、ここは一番、大阪の旦那衆の出番ではないのでしょうか。

せっかくminimoog-Vを落としてきたから遊んでみようと思ってやってみたが、二台積んだ時点でdrop out発生。使えねー。あきらめてSC-88VLに切り替えた。外部音源は頼りになるなぁw 

鳩山さんも「普天間県外移設党」でも作ればいいのに。そのくらいの責任があるよ、あの人は。

Cash Conversion Cycle って昔ながらの 在庫管理、売掛金管理、買掛金管理 と何が違うんだよ!新しい言葉さえ使えばいいってもんじゃないんだよ。

ローリン・ヒルが脱税で捕まったって?何やってんだよ。歌は超絶うまいのに。


sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR