01/30のツイートまとめ

xi_124C41

吉田真由子も42歳かー。島田のいぢりが良かったんだが、その後見てない。2009年に結婚されたとのこと。まずは重畳。
01-30 12:46

日銀も金利操作とその原理がよくわかってないんじゃないか。世の中に投資チャンスがあるから、金利を下げれば、金はより高いリターンを求めて世の中に出て行く。銀行は企業に金を貸せる。投資チャンスがないのにいくら金利を下げても、マイナス金利にしてもインフレ効果も景気浮揚効果もないよ。
01-30 11:15

いとうせいこうさんが、ナカゴーと東葛スポーツを推していたが、微妙に難しいな。東葛スポーツの方がまだ理解できるかな。ただ、テレビに出てくる若手漫才を見るより遥かにいいことはわかる。新しい批評精神に出会えるかもしれない。
01-30 10:58

スポンサーサイト

01/29のツイートまとめ

xi_124C41

私は小学校の時1番目について理解した。世界は先生の去ったあとの教室だ。2番と3番は自明だが米国MBAでバーマン教授から新興国は比較優位そのものを変えたいのであって、リッカルドなんかクソ食らえと思っていることを学んだ。4と5は常識だ。 https://t.co/vKmqy1e9Vn
01-29 18:02

01/28のツイートまとめ

xi_124C41

APAホテル のポスター。猥褻物陳列かなんかで取り締まれないのかねぇ。見るだに不快なんだが。
01-28 03:01

キラキラアフロに出ていた竹内結子。きれいだったなー。輝いてましたな。
01-28 02:59

01/27のツイートまとめ

xi_124C41

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)にリスクの高い株式運用をさせるのか。そうまでして株価を人為的に釣り上げても意味がないことはこの2年間でよくわかったのではないのか?
01-27 13:16

01/25のツイートまとめ

xi_124C41

「今日、世界の自由貿易の独善的チャンピオンになったアメリカ人は、自国の農業国から工業国への転換が、現在彼らが糾弾している関税や産業政策のおかげで成し遂げられたことを、見事に忘れ去っているのである」R・ターガート・マーフィー「動かぬ日本への処方箋」
01-25 11:47

ふどうひょうと言えば浮動票で反対語は固定票だが、不動票でもいいような気がする。
01-25 07:55

面白い。さすが松尾スズキさん。優香の花魁も悪くない。 https://t.co/Jk6MQkk2Qw
01-25 01:39

01/24のツイートまとめ

xi_124C41

【ものの言いかた西東 (岩波新書)/小林 隆 他】東京と大阪を知っている者として、個々のエピソードは興味深い。だが全体としての分析はどうであろう。確かに日本の文化は21世紀になっても依然として近畿を最... →https://t.co/vY0Rtmoefe #bookmeter
01-24 18:43

シチェドリンも聞きたいが、図書館にはほとんど入っていない。
01-24 18:22

最初に聞いた時はしょうもないと思ったのだが、繰り返し聞くうちにこれは名盤だと思うようになった。音楽に方向性があり、真摯な姿勢が伝わってくる。アメリカ現代音楽、侮りがたし。 https://t.co/rmREtAcz0t
01-24 18:13

ムロくん頑張ってるねぇ。思いがけず面白かった。 https://t.co/Eyxlw2Kc2a
01-24 01:04

01/23のツイートまとめ

xi_124C41

ほんの数日前に歯のクリーニングに歯科医に行き、特に問題ない(前からの懸案を除けば)といわれたのに、歯が痛くなってきた。いよいよ太平洋横断ブリッジ建設か。
01-23 16:28

お飾りのつもりでいれたのかもしれないが、一番実質的なことを考えているのはこの人だろう。|菊池桃子さん、1億総活躍で注目 「多様性への理解を」:朝日新聞デジタル https://t.co/dfxsAuWs7a
01-23 11:53

【プロコフィエフ短編集 (群像社ライブラリー)/セルゲイ・セルゲーエヴィチ プロコフィエフ】あのプロコフィエフの小説集である。残念ながらあまり印象に残りませんでした。 →https://t.co/RyJXCn2w1n #bookmeter
01-23 11:11

高畑淳子さんの快演が光る! https://t.co/DWgPHFRKYt
01-23 00:50

01/22のツイートまとめ

xi_124C41

革新機構は3000億円、せめて出資じゃなくて貸付にすべき|お陀仏シャープ再建、革新機構主導で大筋合意  :日本経済新聞 https://t.co/g9laZ1ewdI
01-22 19:22

小島慶子さんの話芸はすごいなぁ。
01-22 15:28

結局、米倉宏昌前経団連会長の安倍批判、アベノミクス批判は当を得ていたということに、結果としてなったな。
01-22 09:45

こういうことがあるから、日本でも教員は銃器使用の免許をとるべきだな。|学生守ろうと銃を手に襲撃犯に立ち向かった教員 : 読売新聞 https://t.co/JPO7Qd9hj8
01-22 09:39

日本の食品は安心だと信頼してくださっている中華人民共和国人民の皆様に合わせる顔がない。|マルコメ発見の業者、ファミマチキンも横流しか : 読売新聞 https://t.co/VSrNGvocBC
01-22 09:14

01/21のツイートまとめ

xi_124C41

一方で桂歌丸師匠は死ぬのを忘れておられるようだ。
01-21 17:23

この初春はミュージシャンの訃報が相次ぐなぁ。
01-21 17:23

01/20のツイートまとめ

xi_124C41

どう考えても、消費者自身が自分のほしいものに消費することになるという点で、財政出動よりバウチャーばらまき政策の方がいいように思う。
01-20 17:21

01/19のツイートまとめ

xi_124C41

Haydn Symphony No. 43 mov. 2 vs. Mozart Symphony No.40 mov. 2https://t.co/D9Nxx8J82x
01-19 22:19

Jun Yamamoto:イーハトーヴの魔法の歌 #musictrack https://t.co/x2rUVn5x1A
01-19 01:05

01/18のツイートまとめ

xi_124C41

【蘇える変態/星野 源】面白かったです。因果関係はわからないのだろうけれど、そりゃ睡眠時間2-3時間で突っ走ってりゃ、くも膜下出血やら脳動脈瘤になったりするんじゃないか。とにかく重篤な病気の闘病記とし... →https://t.co/jP5ORmUc6R #bookmeter
01-18 21:33

01/16のツイートまとめ

xi_124C41

首にロキソニンテープ貼って、ダメ押しで錠剤も飲んだら少し楽になった。
01-16 20:29

図書館で歌姫クロニクル1968-1984という二枚組みのCDを借りて来たので、今日は昭和です。https://t.co/ISjgbaszrt
01-16 20:23

01/14のツイートまとめ

xi_124C41

【愛が好きです (新潮文庫)/中島 みゆき】中島みゆき初期作品歌詞集とでもいうべきものなのだが、ちょこちょこと挟まっている本人作の小噺(?)が秀逸である。 →https://t.co/aXyyfR9wFe #bookmeter
01-14 23:56

01/13のツイートまとめ

xi_124C41

>どちらも最初は一国二制度とか調子のいいことをいっているが、結局香港同様、独裁国家に組み込まれる>なにかの理由で中露が対立>日本人民共和国と日本共和国が代理戦争をする。
01-13 12:41

>その途上で、力のインバランスが起きた時をねらって、中露が朝鮮半島と日本をまるっと支配下におさめる。>中国語とロシア語が必修科目に。>中国とロシアで日本は半分こされる。
01-13 12:41

自民公明維新で参議院の3分の2を取ろうということなんだろうな。>憲法変更>自民憲法案が採用されて、憲法は国民を縛るものになる。>米国はよろこんで、日本は自分で国を守りたまえといって去る>韓国も日本も核武装
01-13 12:41

01/12のツイートまとめ

xi_124C41

北川ロス。
01-12 20:51

1978年頃にやっていたバンド "Thionite"の曲。"ホロコースト”https://t.co/9z4enspQME
01-12 20:08

01/11のツイートまとめ

xi_124C41

【中国人の頭の中 (新潮新書)/青樹 明子】日本製品ボイコットはいいとして、粉ミルクだけは中国製品は毒だから日本製品しか使えない、というのが面白い。自国の子供たちに本当に毒性の高いものを売りつけている... →https://t.co/u4pDjsB7d3 #bookmeter
01-11 13:19

01/10のツイートまとめ

xi_124C41

【間抜けの構造 (新潮新書)/ビートたけし】年末に鶴瓶さんとたけしさんの番組があって鶴瓶さんが面白かったと言っていたので読んでみた。要はたけしさんの芸談なんだけどコンパクトに笑いや映画についてのたけし... →https://t.co/TRZgWZcdL3 #bookmeter
01-10 20:51

01/09のツイートまとめ

xi_124C41

しかも9ヶ月在庫を積むことは国内の血液だけでは到底無理というような事態になっていないはずであり結果として化血研とて40年間も二重帳簿を続ける必要はなかっただろう。実際化血研でこの「不正」に手を染めた人の中には「これが結局世のため人のため」と考えていた確信犯も多いのではないだろうか
01-09 20:36

日本の場合は治験を一からやりなおさなければならない場合が多い。今回の化血研問題でも、Pmdaがあそこまで時間のかかる機関でなければ、9ヶ月在庫がないと製造過程の変更申請ができない、
01-09 20:35

もちろん、健康に直結する医薬品を扱うのであるから慎重にしなければいけないのは当然だが、それにしても要求が厳しすぎるし、審査期間が長すぎる。韓国の場合同様の審査はあるが、たとえばアメリカでFDAを通っていれば一部の治験を簡略化するなどして、比較的早期に承認される。
01-09 20:34

「下町ロケットーガウディ計画」に出てきたPmeaはPmda( 独立行政法人医薬品医療機器総合機構)のもじりだが、このPmdaはドラマほど劇的ではないものの本当に医療・患者のことを考えているのか、と関係者でも疑問に思うくらい審査が厳しい(時に不可能なことを要求する)し時間がかかる。
01-09 20:34

でも、政府はそこまでは求めていない。単なる出荷停止で、流通在庫はそのまま。実際に問題発覚後も化血研製品は使われ続けている。なぜか。品質に問題がないからである。
01-09 20:33

化血研の問題でも、本当に製造過程に問題があるのなら、関係するすべての製品の出荷差し止めのみならず、流通在庫、顧客在庫すべての回収、さらに使用された患者のフォローまでしないといけないはず。
01-09 20:33

原子力発電所の場合も、設計図が一旦承認されると、後で問題がわかっても修正しようとすると延々かかるので、承認された設計図どおりつくるか、あるいは嘘をついて正しく直すかしかない。
01-09 20:33

化血研の問題も、原子力行政と構造は同じ。新薬の承認、製造工程の承認、いずれも大変長い期間がかかる。そして、一旦承認されたものは厳密にその通りに製造しないと違反となる。
01-09 20:33

Hanniganの十八番らしきLigetiの唯一のオペラからの振り語り。なんかすごいざます。https://t.co/ozrjpBClsF
01-09 20:30

【日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません/藤沢数希】前半は大変面白い。図書館で借りたのだが、改めて読むのに自分で買いました。たとえば、「流動性の罠」をここまでわかり... →https://t.co/kK1dVjwIzT #bookmeter
01-09 11:23

続きを読む

01/08のツイートまとめ

xi_124C41

日本がASEAN諸国と足並みをそろえて中国に対抗するというのは無理だろう。ASEANはばらばらすぎるし、日本人と協力して何かを成し遂げようという気はないであろう。いわんや中国に対立するにおいておや。アジアは中印を軸にすることになるだろうか。
01-08 15:27

そうなったら、日本が同盟を組んで戦争を抑え込もうとしたら相手は中国しかいない。あるいは朝鮮半島有事に際して中国が積極的に北朝鮮に援助をして、影響力を保持するだろうか。そうなれば半島まるごと中国領になったようなものだ。中国の方が北朝鮮よりまだ行動の予測がつくかもしれない。
01-08 15:24

水爆じゃないとしても、北朝鮮は明らかにインド・パキスタンの後を追って核保有国になり、発言権を獲得しようとしている。アメリカに届く核ミサイルを開発すれば、アメリカは北朝鮮問題から手を引くだろう。日米安保は空文化して、朝鮮半島で戦争が始まるか、あるいは北朝鮮が半島を統一する。
01-08 15:22

01/07のツイートまとめ

xi_124C41

唯一経常収支を支えているのは第一次所得収支(海外からの配当)ですが、環境が変化すれば割と簡単に金の流れがストップするかもしれません。ということで、あまり軽々しく日本の将来は安泰だなどと言えないと思います。
01-07 16:25

しかし、市場は心理的に動きます。サウジ・イラク問題で円高になるくらいですから、日本経済は信頼されていると思ってよいと思いますが、いつまでも続くかは疑問です。ついでに経常収支が黒字だから日本は大丈夫という議論もありますが、貿易収支は赤字になっていますしサービス収支は常に赤字です。
01-07 16:25

実際にはバブルでしこたま稼いだ、しかも年金も手厚く、余裕のある団塊世代から上がたんまり持っている預金が国債になり、政府はそのお金を社会福祉や財政出動に使っているわけですから、このバランスが取れている限り、大きな問題はないでしょう。
01-07 16:24

いずれのケースも極端な場合だということは承知していますが、日本政府の借金なんて全く問題ないという方が多いので指摘してみました。
01-07 16:24

年間の税収は80兆円行かないのですから、これがいかに大変なことかがわかります。
01-07 16:24

「政府には徴税権があるから国債は信用できる。」まったくもっておっしゃる通りですが、国債を償還しようとしたら、資産が超過している家計セクターからお金を動かさなければいけません。徴税ですね。1000兆円の徴税です。
01-07 16:23

確かに対外純資産はプラスかもしれませんが、国内ではお金を貸している人と借りている人は別の人なわけです。自分が自分にお金を貸しているのならいいですが、そうではない。政府の1000兆円の借入金を清算しようと思ったらどれだけ大変なことになるか。
01-07 16:23

「日本は世界一の対外純資産国である。240兆円も対外資産が超過している」これもよく目にします。おっしゃる通りなんですが、セクター毎に資産と負債を比較すると、企業・政府では負債が多く、家計において資産が圧倒的に多いのです。
01-07 16:22

もし、円の価値が半分になるとすれば、要するに貯金していた人はその半分を税金として取られたのと同等ということになります。国債は償還されて、満額戻ってきた、しかしその価値は半分になっていた、ということですね。
01-07 16:22

貨の発行高とマネーストックの間の相関があるかないかという議論があり、単純ではありませんが、マネーストックとほぼ同額の通貨の発行を行えば、これは明らかにインフレーションとなるでしょう。
01-07 16:22

続きを読む

01/06のツイートまとめ

xi_124C41

。財務省の思惑は常にあるだろうが、2011年当時はこれは避けられない決断だということが与野党ともにわかっていたと思う。
01-06 17:12

2011年の暮に戻ると、そのような環境下で消費増税が議論されて、これが成り立たなかったとすると、日本国債は危なかった。ひいては日本経済全体が危なかったといえる。そこで消費税上げの少なくとも約束を取り付けたことは当時の野田政権の得点だと思う。
01-06 17:12

2014年4月14日、債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債の取引が成立しなかった。1日を通して取引が成立しなかったのは、2000年(平成12年)12月26日以来約13年ぶりとなった。」(Wikipedea より引用)
01-06 17:12

「2013年4月5日、東京証券取引所は国債先物相場が急落したことを受けて取引を一時的に停止する『サーキットブレーカー制度』を発動、サーキットブレーカーの発動は2008年10月14日以来となった。
01-06 17:12

実際、消費税上げが決まったあとも、2014年の8%への増税の前には金融市場ではいろいろな動きがあり、市場関係者は過敏になった。市場はファンダメンタルズもさることながら心理的要因でいとも容易に決壊する。2008年のリーマンショックを経験済みであった。
01-06 17:11

「2008年問題」は乗り切ったものの、日本国債は常に盤石のものとして信用されていたわけではない。
01-06 17:11

このような状況下で、日本国債の残高は急増して790兆円になり、GDPの150%を超えた。ここで消費税の増税が国会に上程され、議論された。この前後にヘッジファンドの日本国債売り浴びせの試みが何度もあった。
01-06 17:10

日本国債の話。2011年というのは、3.11大震災の影響で日本全国を暗い影が覆っていた。どういうわけか円が非常に高く、輸出産業は輪をかけて業績が苦しかった。「アラブの春」という政治的な不安定と、欧州での金融不安が広がっていた。
01-06 17:10

2011年、消費税上げを断行した野田政権は間違っていない

日本国債の話。

2011年というのは、3.11大震災の影響で日本全国を暗い影が覆っていた。どういうわけか円が非常に高く、輸出産業は輪をかけて業績が苦しかった。「アラブの春」という政治的な不安定と、欧州での金融不安が広がっていた。

このような状況下で、日本国債の残高は急増して790兆円になり、GDPの150%を超えた。ここで消費税の増税が国会に上程され、議論された。この前後にヘッジファンドの日本国債売り浴びせの試みが何度もあった。「2008年問題」は乗り切ったものの、日本国債は常に盤石のものとして信用されていたわけではない。

実際、消費税上げが決まったあとも、2014年の8%への増税の前には金融市場ではいろいろな動きがあり、市場関係者は過敏になった。市場はファンダメンタルズもさることながら心理的要因でいとも容易に決壊する。2008年のリーマンショックを経験済みであった。

「2013年4月5日、東京証券取引所は国債先物相場が急落したことを受けて取引を一時的に停止する『サーキットブレーカー制度』を発動、サーキットブレーカーの発動は2008年10月14日以来となった。

2014年4月14日、債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債の取引が成立しなかった。1日を通して取引が成立しなかったのは、2000年(平成12年)12月26日以来約13年ぶりとなった。」(Wikipedea より引用)

2011年の暮に戻ると、そのような環境下で消費増税が議論されて、これが成り立たなかったとすると、日本国債は危なかった。ひいては日本経済全体が危なかったといえる。そこで消費税上げの少なくとも約束を取り付けたことは当時の野田政権の得点だと思う。財務省の思惑は常にあるだろうが、2011年当時はこれは避けられない決断だということが与野党ともにわかっていたと思う。

01/04のツイートまとめ

xi_124C41

サウジアラビアも凄いことやりますね。シーア派の偉い人を死刑にすれば結果は明白だよね。わかっててやってるんでしょうね。米国は成り行き上サウジにつくんですかね。
01-04 20:55

01/03のツイートまとめ

xi_124C41

113番の元素の名前はは、ヤスクニウムか、カミカゼウムか、ハラキリウムか、イアンフィウムがいいと思う。
01-03 12:15

落語の「死神」は生命をろうそくの炎に例えることで生命がモノではなく現象であることを端的に示す。元ネタは中国だというが、古く中国人もソクラテスと同じことを考えていたんだな。
01-03 07:50

01/01のツイートまとめ

xi_124C41

モルゴーアカルテットのショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全曲演奏会を聞いた。順番に聴いていくと8番を頂点に、確固たる作品が並ぶのだが、どうも13番あたりから形が崩れてきて、構成がつかめなくなり、最後の15番はアダージョばかりで夢見るように溶け出してしまっている。
01-01 14:14

12/31のツイートまとめ

xi_124C41

モルゴーアカルテットのショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全曲演奏会。いよいよ最後の第15番を残すのみとなりました。やっぱり全曲並べて聞くと見えてくるものがいろいろあります。では皆様よいお年を。
12-31 23:37

大掃除、完了しました。
12-31 04:07

sidetitleプロフィールsidetitle

xi_124C41

Author:xi_124C41
30年以上勤めた会社を退職しました。まだ楽隠居とはいきませんけど、そろそろ終活に入ります。遺言のつもりでブログは書きついで行きます。更新がなくなったら察してください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR